春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2005年09月

呼吸器の業者さんもいつもの定期点検も兼ねて話に来た。担当の人+使い始めた時から知っている人。今はたぶん上のほうなんだろうけど。 とりあえず、3パターンの機械が用意できるらしい。で、時期。今年中が向こうは一番いいらしいけど、こっちは来年の2月がいいかな。と。聞いてもらえればいいと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日、病院で宣告された。重大な病気の宣告とかでは無いんだけども、新しい呼吸器への移行。今年の12月で部品など製造中止になるから壊れても直せないとのこと。去年、移行しようとして失敗したやつだ。入院日に右ひざ折ったりして散々だったやつ。 来年くらいには一度やろうと思っていたので、あぁ来たか。といった感じだけど、去年失敗しているだけにまた新しいものが発売されたと言うけど、合うのかどうかトラウマになっている。今度は、別の事故を起こさないように気をつけて、人も信頼できる人に協力を得て万全な体制でやりたいけど、結局は合うか合わんかの話であって、不安は残る。   今朝、冷えたためか右腕の痛みが激しい。よくなりかけたと思ったのに。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まだ多少、曲げると痛い。腕全体的にも硬い感じだ。 スクーリングのビデオが送られてきて、さっそく日程調整のメールが送られてきた。なななんと、あのT先生が入ってるではないか・・・。ドキドキじゃんか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編→http://blog.drecom.jp/toragakusei/archive/209

同じくネタバレ。



え、予約してきたの?とちょっと驚いた様子。

スーツ姿の少し偉そうな人も出てきて、入れるかどうかチェック。

JIS規格がどうのこうの言って、電動車イスの操作スティックを外せばOKということに。

いろいろ着けて楽しまないといけない。ということでどうするか聞いてきたけど、知っていたので、まぁ入ることにする。

入場券チェックで、2枚とも予約されていないと出てあせる。

最後の1枚でOK。

少し待って、入場。

最初は、ビデオカメラみたいなので写真撮影。

いきなり名前を聞かれて、周りの雑音で伝わらずあせる。

付添い人に言ってもらった。

それでまだ入場券を持っててくれと言われる。

最初はまだライドに乗らず、何か重い携帯端末を渡されて希少動物のパネルに近づけて、

重い携帯端末の画面で説明を見るという面倒な作業。

後ろからどんどん来るのに、ゆっくり読んでいる時間なんてないです。

おいらは、全く操作不能なので見せてもらう。

レッサーパンダが出てきて、笑えたくらい。(不謹慎・・・。?)

しかし、何でこんな作業をやらせるのか疑問。

ようやく終わって、いよいよライドへ。

最初に、どっちの手でスコープを持つか聞かれる。

一応、左。 右は、何かハンドセンサー。

いよいよ乗車。付添い人は、離れて乗るので介助できないとのこと。

「入場券を出してください」

ここであせる。ないのだ。持っていたはずの入場券が・・・。

あせる。あせる。あせる。マジであせった。

結局、お腹の辺に落ちていたわけだけど・・・。

で、スコープを渡されてセンサーをつける。

スコープ自体は、そんな重くない。

のぞいてみると、ふくろうのオッサンが飛んでいる。?

いよいよ、出発。ずっと横移動です。画面の中は、まっすぐに進んでいるのに。

いろんな動物が出てくるわけですが、サイが近づいてきて、

「プシューー」と空気が出てきたのには参りました。

びっくりしてスコープを落としかけた。あとで、同級生に言おうかどうか迷ったと言われましたが。。。

そんで猿にバナナのエサをやるのは出来なかった。

やろうとすると、片手でスコープを持つのはきつい。手も伸ばせない。

それでスコープを落としかける。

何とか隣のライドから手を伸ばしてもらって、回復したが。。。

はっきりいって、スコープのぞいてなければ全く面白くないです。

何かちゃっちいハリボテみたいなのが作ってあるだけ。

最後にまた入場券を機械に当てて、写真が見られる。

「○○さん、いかがじゃったかな」みたいな。

そんなこんなで終了。

あれしろこれしろと身体の不自由な人?には過酷なパビリオンでした。

もうちょっとのんびりできてもいいと思うけど。

まぁ、でも60%くらいは楽しめたかな。入らなければ後悔しただろうし。



日立館を出てみると、空は暗くなって雨が降り出しそう。

祖母とも合流しないといけないので、電話して待つ。

その間、ちょっとトヨタ館のプレショ?でも見ようと、普通に出口から入れるところから行く。

人がいっぱい。

i-unit?が展示してあるだけだったけど。

それで、まぁIMTSで西ゲートに行って少し休んで終了です。



2回目の方が楽しめたかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

思わぬところで、右腕を痛める。入浴サービス。ベッドに戻るところ持ち上げるときに、右腕が引っかかって、手前に一瞬、強く曲げられる。そのまま痛みが引かず、痛めた。曲げると痛い。親父が買っていた”下呂こ”とかいうのを張ってみる。日頃の行いが悪いんだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



何で朝日新聞を読む人がこんなにも多いんだろうか。

ここ最近、ずっと分からないでいる。その良さが。

そんな折にも、サンゴの事件からどんどん不祥事や問題は出てくる。



それでも僕の周りでは、読む人は減らない。

その読者も、職業を教師や福祉関係とする人だから、ますます分からない。

その一人に一度だけ良さをたずねたことがある。

「全国的なニュースが入るから」と言ったようなかすかな記憶がある。



確かに、僕が読んでいる中日新聞(系列は東京新聞)は、

地域情報は充実している。でもそれのどこがいけないのか。



何か朝日新聞だけの特別な記事、お得な情報があるんだろうか。



偏見かもしれないけど、僕のイメージする朝日新聞は、

「親や教師、大人の前だけ良い顔をする優等生」に見えて仕方ない。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2回目。ネタバレあり。気合い入れていきました。

時間は前と同じ午前11時半出発。

前と違うことは、おにぎり持参。

西ゲート障害者駐車場に着いたら、車の中でおにぎりを食す。

いざ、出発。ケアセンターを通過して、エレベーターに乗りグローバルコモン6に向かう。

もう迷いはない。混んでるときの新聞の写真(トラムも通れないほどぎっしり)を想像して行ったので、それほど多く感じず。

さぁ、これから入ろうというところで、祖母にダメ元で予約していない「三菱未来館」に入れるかどうか聞いてきてもらうことにした。

コモン6。

結構、人の密度が高くなってきた。

お目当ては、マレーシア館、シンガポール館辺りだけど、なぜかカンボジア館にフラフラと入る。ぎっしり。トロトロと進む。今思ってみればよく入れたな。

巨大なアンコールワットの遺跡?が再現してあってくぐれたりして意外と凄い。

アテンダントの人が何か布の説明をしていてあっという間に終わり。

いたるところに大きな壷が置いてあって売約済みの札。何に使うのか……。

次に、混雑状況を携帯でチェック。ちっとはかしこくなった。

シンガポール館はやはり豪雨体験が人気なためか無理っぽいので諦める。

人ごみを掻き分けながら、マレーシア館に向かう。

マレーシア館の入り口に差し掛かったところで祖母から電話。

なななんと、2人までなら優先的に入れるらしい。運がいいっす。感謝。

しかし、どこから行けばいいのか分からず、電話で聞いていたらエレベーターに乗って……ということだったのでエレベーターの前で待っていたら祖母と合流。

そのまま案内されて、三菱未来館の優先入場列に……。

本当に入れるんだろうかと半信半疑だったが、そのまま入場券を求められることもなく、

そのまま他の車イスの方と入場。3部構成です。

第1段階は、舞台の上で若丸?と呼ばれるロボット2人?が話し合っています。ちょっと臭い感じがする台詞でしたが……。

第2段階は、さらに進み若丸+月+地球の会話。月の出来方について。

そしていよいよ、最後のメインシアター「もしも月がなかったら」映画さながらの大迫力でした。

両脇のカーテンが開いてさらに画面が広くなる。

月が無い世界はほんと怖いです。人間なんてもちろんいません。架空の生き物だと思うけど、狩りの映像(CG)を見せられて、パッと暗くなる。

月君、登場。説明があって、感動系・幻想的な映像が入って最後に天井のカーテンも開いて、これは鏡を使ってあったけどさらに迫力。

最後にメッセージ。これは良かったですな。

しかしアテンダントのお姉さんの制服は萌え?ですかね……。

出てから一気に暑さが押し寄せる。

その後、バイオラングも見たかったので、とりあえず、コモン6に戻ることにする。

マレーシア館、再入場。まあまあ空いている。

内容も他と比べれば、それほど大したことはない。

ここはやはり、食べ物だ。ロッティ・チャナイ。

日立館を予約してある関係で、かなり並んでいたので諦める。これはちょっと残念だった。

代わりに、ソフトクリーム。。。

その後、散歩道みたいなところを歩いて、トイレに行ってからバイオラングに向かう。

マンモスも一応、聞いてきてもらったけどさすがに入れず。

バイオラングは結構いいね。これぞ、自然の叡智。

たまに上から噴出してくる冷たい蒸気ミストが気持ち良かったです。

予約してある4時近くになってきたので、日立館に向かう。

日立館周辺、企業パビリオンBが一番、人の密度が高いと感じた。進むのに苦労。

必死で着いたら、やっぱり小学校の時の同級生がいて、「予約して来たよ」と告げる。



今日は、これくらいで終わりにしよう。<つづく>


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

連日、20万人近く訪れてる万博に明日行って参ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どうしてちょっとした一言の言動にいつまでもイライラしてしまうんだろう。俺は。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当分無いと思っていたけど何かしらの選挙はあるな。保育園が工事中のため、我が母校の体育館で行なわれてました。何か係員のオッサンに付き添われて淡々と終わった。我が母校を懐かしむ暇もなく……。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日からまた左手の外側が痛い。原因がはっきりしない。張っていることはすごい張っていて揉むと気持ちいい。先週のような強烈な痛みではないけれどきちんと解決出来なければ、堂々巡り。。。手を吊るのを少し高くしてみたけど。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

午後から歯医者。一番目立つところを削って埋めた。きれいになったみたいだ。まだあります。。。小さいレベルのものもあって、どうなることやら。治療を終えたとしても、またすぐに出てきそうで怖い。それから治療後、染みるということはあるそうだ。時々、染みていたので。で、タイトルのCなんだけど、こないだの試験「ニュービジネスと産業政策」の結果です。合格ギリギリのC。正直、納得いっていない。A、もしくはBだと思っていたから。。。手ごたえを感じていた。なぜ……。勉強不足は否定できないけど手ごたえを感じていただけに、かなりショック。4年目にして初。プラス思考に考えれば合格だけど。。。不合格になる日も近いんじゃ……。そのせいか何なのか最近は勉強はしている。これを続けていかなくては。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりに重い腰を上げることにした。いつモチベーションが下がるか心配だけど、株から少し離れる事が必要だと思う。やっぱり長編一本くらい書き上げてどっかに応募してみたい。無謀だ。ってことくらい分かってるけど。そんなきっかけは本だった。タイトルはそのうちにレビューを書いてから。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、よくKDDIメタルプラス電話の勧誘がある。電話あり広告ありテレビCMありといったところだ。確かにNTTはそんなに好きではないので安くなるようだし出来れば変えたいのだが問題点がある。プロバイダーを変えたくないのだ。ネットも変えないといけないらしく、他社のADSLサービスはご利用になれません。と小さく書いてある。つまりKDDIのDIONに変えなくてはKDDIメタルプラス電話は利用できないということ。DIONを見てみたけど、サービスがとても満足できるものではなかった。メールでのサポートも無くて聞くに聞けない。やっぱりプロバイダーは@niftyがいい。光ファイバーという手もあるらしいけどまだ考えていない。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マーケティングに取りかかる。基本的には経営の教科はどれも一緒じゃないけど似通っているところが結構ある。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ