春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2007年12月

ここ一週間、いろんな人の2007年の振り返りを見ていたら、
自分ももう振り返っちゃったような気になっていた。

正確には、このブログで振り返っていなかっただけですが。
まとめてみます。

<健康>
肉体的には、平常どおり生活しているはずなのに、眠たくなること、疲れることが多かったです。
しかし、そこは自分でも妙な割りきりが出来ていて、騒ぐことも無く、普通に早く寝ていました。
早く寝る日というのが、圧倒的に多かったです。
それによって生活に支障をきたしたかというと、そうでもなくて良かったです。
1度、風邪も引きましたが入院することもなく、薬で完治。
思ったより、早く回復しました。
精神的な比重の方が、大きかったかも。という印象です。
病的なレベルでは全くないのですが、ドキドキハラハラ感が強かったというか。些細なことで、ビビっています。案外、今でも。もともと、ビビリ屋、小心者、心配性なので身体が良くても、別のことでびびるのかもしれません。

<本業(学業)>
おかげさまで、順調すぎるくらいに事が進みました。
予定通り、6年間で卒業できそうな気配です。

<その後のこと>
卒業後のことについて、悩みました。とりあえず、いろんな先輩方の話を聞いてみよう。と案外軽い気持ちでしたが、実際に聞いてみると、ちょっと精神的に重くなったときもありました。しかし、まあ今は「なるようになる」 自分が、やりたいこと、やれることをやるくらいに受け止めています。どうなるか分からないですけど。 今までは、学校のレールと言いますか。決められたことをクリアしていけば良かったんですけど、卒業して社会に放り出されると、自分でレールを作っていかなきゃなと思うんですよね。どうなろうと自分次第。そんな恐怖といったら大げさですけど、不安もあります。責任が大きい気がします。

<ひと>
前者のことにも関係するのですが、いろんな人と会って話をしました。その中で、こないだ書いたような記事も生まれたわけです。で、いろんな人と会って、それは全く予期していなかったんですけど、いいな。って思う人が出てきました。参りました。今でも参っています。これは読んでおられないと思うので書いたわけですが。自分は今まで、そういう人が出てくるだけでもいいんだけどな。なんて、たまに思ったりしていましたが、実際現れると凹みました。願いは叶ったので、これは贅沢というものなのでしょう。いつか分からないけど、いずれ忘れると思います。

<ヘルパーさん>
具体的な利用として、とても質のいいヘルパーさん、事業者さんに出会えました。前例の嫌な記憶があったので、どうなるかと思ったんですけど、すごく感謝しています。

これからも、僕に関わってくれた人、すべての人に感謝するように心がけたいと思います。

これが正直な2007年の感想です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この時期に、こんなこと書くのってKYなんでしょうか。



お金持ちではないのですが、ネット銀行が気になっています。

つまり、口座を開設するかしないかという点です。



何か情報をお持ちの方がいらしたら教えて下さい。



やっぱり、クレジットカードを作るのと同様、

リスクが高いのかな。



社会のこと何にも知らないから、

銀行に口座を作るデメリットや、

ネット専業銀行のデメリットとかがよく分からない……。



でも、今後への布石と気持ちにおいて作っておきたい気もする。



イーバンク銀行とかソニー銀行とかが気になってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年のまとめは、ギリギリまで粘ってみる。



純文学とか、日本の昔の本とかって読まず嫌いだったというか、ずっと避けて通ってきました。

恩田陸の夜のピクニック (新潮文庫)を、何だかたるいな。

こんなのが本屋大賞 (2005)かよ。と思いつつ読み進めていました。

まあ最後に何かあるらしいんだけど、無駄な読書だなと思っていました。

そこで途中で思い切って、夏目漱石こころ (新潮文庫)を読んでみることにしました。



はまった……。



こういうのが分かる年になったのか。???

ていうか、分かるの遅いですよね。



ぐいぐい読み進めて、終わりました。

古き良き時代ってのも何となく感じます。



ていうか、ちょっぴり恋愛小説っすね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

で、テレビのほうは相変わらず期待しちゃいないんですけど、

ライアーゲームの再放送を録画してみました。

意外と面白いです。

回戦を重ねるごとに、ゲームのルールが変わっていって覚えるのが面倒なんですけど、

テイストが、デスノートに似てるかな。

こういうのは好きだな。



むしろ最近は、ただ殺人が起こってトリックを解明、犯人を当てるというパターンが面白く感じません。

ガリレオとか。。。高視聴率らしいけど。

ライアーゲーム DVD BOX



LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

親父が風邪を引いて、自分にうつりそうなうつったような嫌な気配。お正月前とかお正月は時期的にやばい。

何か10月、風邪引いたときみたいに鼻に違和感が何となくある。



病院、往診の方向。2月くらいから。

受け入れ体制は、ばっちり?だそうです。

初めてのことと、会ったことない先生なので、やってみないと分からないっていうのが正直なところ。



24、25日、あえてクリスマスに触れなかった自分に天晴れ。(笑)



iGoogleが、何か使えそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年は、妙に新しい人と1対1で話す機会が多い。

というか、何となくだけど人間関係が少し変わってきてるようにも感じる。

気のせいかもしれないけど。



それによって、妙な間が出来たり、話が合わないなと感じたり、何でここで笑わないの?何でここで笑うの?と思ったりして、

考えさせられることが多かったりする。



で、とりあえず、いろんなリンクのまとめ。



ここでいう会話は、初対面、もしくはあまり話したことのない人と実際に会って、1対1で1時間以上話すこととする。

年齢や性別は問わない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おすすめ度 ★★★★★



何となく、間宮兄弟に共感してしまった自分はとても痛い。

兄弟愛ではなく、モテない部分に……

ずっと読んでて、兄弟には知的障害があるのでは?と思ったが、

どうでもいいことなのかもしれない。

変に見える兄弟だが、誰もが共感できる部分が一つはあるように思える。不思議な小説だ。

時間は、穏やかに流れていく。

普通に幸せに趣味に没頭して、恋愛作戦ではあるが友人をお招きして……

しかし結局、兄弟に恋人が出来るわけでもなく、物語は終わっていく。

でも何かイイ小説。



間宮兄弟 (小学館文庫)
江國 香織
小学館
売り上げランキング: 182,577




もてなくとも幸福に生きる兄弟の日常の物語



女性にふられると兄はビールを飲み、弟は新幹線を見に行く。そんな間宮兄弟は人生を楽しむ術を知っている。江國香織がもてない男性の日常を描いて話題になり、森田芳光監督の映画化も大ヒットした小説の待望の文庫化。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

できもんと料理屋は、大きくなったらつぶれる



料理の道に携わる者が踏み外してならぬ掟は、季節を守ること、旬を大事にすること、

つまり、(温室栽培や冷凍技術が)便利過ぎても調子に乗らぬこと吉兆 料理花伝吉兆創業者 湯木貞一氏の言葉

(12月15日付け中日新聞朝刊「編集局デスク」より)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

99%卒業確定です。

100%でないところがポイントです。



今日、最後の山場の試験結果通知がありました。



環境と開発 A

環境ビジネス A



でした。何だかんだ言って今年はオールAという自分でも意外な結果を残しています。



残るは、インターネット演習気里澆任后



気になるのは、卒業後なわけですが、廃人化確実!?

ほっとして何だか、廃人になっていく気がすごくします。

生温い泥の中に、じわーっと溶け込んでいく感じ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

fuxiで、このブログの読み込ませと、新たにfuxiで日記を書くことの両立が出来ることに気がついた。

すげえ。

mixiより、すげえ。



ですます調で、作文みたいなこれまでのことを書いてみようと思います。

入学直前から。



ネット疲れしない程度に。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

知った人がいないというところが意外と魅力ではあるのかも。

秘密基地。巡回してみる。

がんばって探せば見つかるけど探さないでください。



ネット、バーチャルの世界に安らぎを求めるのは良くないって分かってはいるけども。

いろんな出会いを期待してしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一応、出来た。ここ数年は、自分の近況報告だけ、コメント一切なしという自己満足な年賀状でしたが、

今年は手書きでその人に向けたメッセージも書きました。

そうしたら、何だか疲れた。

もう年賀状いいや。って気持ちにもなった。来年はどう思うか分からないけど、来た人だけに出すかみたいな。

でも、あのCM、キャッチコピーはいいと思う。







ブログのダイジェスト版、作ってる。

結構、重たいかも。公開は来年早々くらい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ac9239ec.jpgおすすめ度

★★★☆☆



詩と写真で織り成す、きむの詩集。

写真に直接、太い文字で詩が書かれているところが良い。

題名からも想像出来るように、ほぼ「夢」について書かれた詩ばかり。

夢を追い求めている人、追い続けている人、迷っている人、

悩んでいる人などは特に読むべき一冊。勇気づけてくれる。

ただ、重すぎるのが難点。気軽に持ち運べたらもっと良いんだけど……

と思っていたら、愛蔵版というのが出ました。

小さく持ち運べるサイズだそうです。

想い描く世界に 愛蔵版 (〔今日より明日輝く自分に逢いに行こう〕)自分が幸せになることを考えるより 誰かを幸せにする方が人生よっぽどか楽しいよ だってね 幸せを与えたら 幸せは帰ってくるから 詩と写真で伝える想い、希望。2003年きむカンパニー刊の愛蔵版。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

たいてい、親戚のなかにひとり、そういう人がいる。

放浪癖がある、定職を持っていない、自分の好悪に馬鹿正直である、

てっとりばやくいえばまっとうではない。

子どもはそういう大人に、なぜかしら、惹かれる。(黄色い目の魚 (新潮文庫)解説・角田光代より)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

携帯から見ておられる方は分からないのですが、配色を変えてオリジナル要素を出してみました。

和風です。たぶん。

“和風色”っていうのは、興味があったりします。



この配色は、目にも優しいかな。と思います。

最近は、ディスプレイの性能が良くなってきて、純粋な白背景がまぶしく感じることもあるようです。



ネットの片隅にある名も無いブログだからこそ、見やすさには気をつけたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

試験は終わっています。

環境と開発は、たぶん間違いはなく、たぶん合格だと思う。

環境ビジネスは、添削と同じか??と思いきや「トラップ」みたいなものがあったので、それに引っかかっていなければ合格と思う。



それで、師走恒例のことをやっている。

年賀状作りとか。

今年は、筆王ZEROを購入。これで毎年、素材集めに奔走することもなくなると思う。

僕は別にどうでもいいんだけど、家族が結構こだわるので、

要望を聞いて、駄目出しを受けて、今年もまあそれなりに苦労。

しかし、二十歳の弟は年賀状なんてものは全く出さないよう。

最近の若者はそうらしいね。

僕も本当に出したい人だけ出したいんだけど、年賀状だけの付き合いの人が数名。

大人の慣習に飲み込まれつつある。

それでも第1便では出さないとこうかな。



筆王ZERO (CD-ROM/DVD-ROM同梱)
ソースネクスト (2007-09-07)
売り上げランキング: 10,823




買い物とか。

年々、手帳選びが苦しくなってきている。

いいのが無いというか。

女子中高生が使うような手帳がベストなんですが。

何でかってと、いろいろポケットやメモなんかたくさんついてるから。

最近は、そういうの無いね。

まあ一応、ビジネスっぽいのを購入。

で、いただきストリートDSをちょっと衝動買い。



いただきストリートDS
いただきストリートDS
posted with amazlet at 16.09.19
スクウェア・エニックス (2007-06-21)
売り上げランキング: 2,721




これはいつも通り購入。



男歌~cover song collection~
男歌~cover song collection~
posted with amazlet at 16.09.19
島谷ひとみ
エイベックス・エンタテインメント (2007-12-05)
売り上げランキング: 112,924




ぶっちゃけ、ファンです。

アルバムは大体、持ってると思われます。

家族からは、冷たい目線ですが。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ