春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2009年03月

たまには、自分のことでも書いてみようかと思いますが、

大して書くことは無いんじゃないかと……。



2月下旬頃、胃腸炎になってしまったり。

3月下旬には、25歳の誕生日を迎えたり。



本をすごく読んでるので、小さい部分で新しい発見があったりはするのですが、

ここに書くことでもありません。



どうも毎日を無駄に過ごしてる感はあります。



しかし、変わらないことは、意外と喜ぶべきことだと思い直してたりもしています。



もうしばらくは、そんな日常が続くんじゃないでしょうか……。



何と言うか、最近の自分のキーワードは、「暗中模索」な感じがするのと、

ふいに、胸がキュンと締め付けられるように「さびしい」という感情が湧いてきます。

この「さびしい」という感情は、一方で贅沢という見方もしてたりするので、

自分の中での置きどころがいまいちよく分かりません。



でも、さびしいもんはさびしいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

相手(聴衆)をほめちぎる、おだてる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

表紙



「つかみ」カットイン、示唆、問題提起、恫喝と挑発



「ちりばめる」メリット1・2・3経営者〜現場、各々へのメリット、本当に言いたいのは一つでいいが



「ダメ押し」事例



クロージング「時限装置」を仕掛ける





会社概要、最後でいい



おまけとして

競合他社との客観的な比較表、やらないリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

図やグラフで感情に訴え、右脳に働きかける。





結論を先に言う、要点を示すなら多くて5行

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



くどいようですが、大事なことなので何回も言います。



とよいちで「ぼくうみ」を上映する会では、

映画「ぼくはうみがみたくなりました」を上映するために力を貸して頂ける方を探しています。

現時点の状況では、協力メンバーが足りなく、映画を上映することができません!

具体的には、

主に

・とよいち(愛知県知多郡美浜町野間)での会場設置や観客誘導

・チケット販売

などをして下さる方を探しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

言語とイメージを結び付けるようにする。

本がいままでの10倍速く読める法 (知的生きかた文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

視野二分割法 左右を同時に見るようにする



視野四分割法 さらに上下を加える





いろいろな見え方をイメージする(たとえば、花)

本がいままでの10倍速く読める法 (知的生きかた文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

生命力を高揚させる

988925db




気分を鎮静させる

a7962e5e






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





とよいちで「ぼくうみ」を上映する会では、

映画「ぼくはうみがみたくなりました」を上映するために力を貸して頂ける方を探しています。

現時点の状況では、協力メンバーが足りなく、映画を上映することができません!

具体的には、

主に

とよいち(愛知県知多郡美浜町野間)での会場設置や観客誘導

・チケット販売

などをして下さる方を探しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

従来

07f7bd62




今後

133186e5.jpg






支払い方法

・代引き

・コンビニ

〈クレジットカードは危険性が残る〉



自分は、ポイント獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここでいうのは、小中学校や高校に障がいを持った人が出向いて行き、授業をすることとします。



僕は、現場を見たことないですし(学生当時、そんなものなかった)

同行はもちろん、実際にやったこともありません。



ただ昔から、主に新聞記事などから考えていたりはします。

車イス体験とかの授業が流行り出したのって(こういう表現が適切かは微妙)10年くらい前からなんじゃないかなと思います。



障がいを持たれている先輩方のブログを読んでいますと、

たまに学校に行ってきた。というような記述があったりするのですが、



今回は、その中でも興味深いブログ記事があったので紹介します。

どこの学校に行っても必ず訊かれるのですが、「障がいのない私たちをみて、どう思いますか?」と、「もし障がいが治ったら、一番したいことはなんですか?」というような類の問いかけです。福祉実践教室で一番困る質問 - いま、風の中で・・・


僕もこの著者の方の答えがベストだと思うし、まあそう思う。

けど、質疑応答って、回答側として、リアルタイムで即座に答えを導き出すのが難しいんだよね。

やったことないけど、そう思う。



私は、子どもたちに〈他者は自分とは違う存在なんだよ〉〈違っていてもいいんだよ〉〈自分とは違っているけれど、実は同じ人なんだよ〉〈異なる者を排除するのではなく、その存在を認めてあげる〉そこからあらゆる人間関係、例えば友情や恋愛が生まれてくるんだよ...ということを伝えたいのです。福祉教育支援活動をしている私の逡巡 - いま、風の中で・・・


僕は昔から思ってることなんだけど、車イス乗車体験は大して意味のないことだと思っている。

あんなの子ども目線で考えれば、語弊があるかもしれないけど、

楽しいこと、新しい乗り物に乗って何か楽しい。

そんな程度ではないだろうか。ジェットコースターとイコールとまでは言わないが、それに近い感覚だと思う。

もちろん、全員が全員そうではないと思いますが。





僕だったら、たぶん福祉とか直接には関係ない、

夢とか人生とかの話をしたらいいんじゃないだろうか。とふと思った。



年数が経って、そーいやー、昔、車イスのやつがあんなこと言ってたな。と思いだしてもらえたら、

大成功だと思う。



そういう授業だったら、僕はしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ