春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2009年10月

いよいよ、とよいちでぼくうみ上映会、開催まで1ヶ月を切りました。

先日の話し合いで、チケットの売れ行きはいいので、

これ以上、無理に宣伝する必要はないという結論を得ました。



でも、当日にふらっと来て頂いても、お金さえ受付で払えば入れるとは思います。

予想以上に、いっぱいだと無理ですけど。



敷地内出店も、何と6店だそうです。

映画以外でも楽しんでもらえるんじゃないかと思います。



自分はあいさつ作成やアンケート作成をしています。



サイトも、ゆーやくんが作ってくれたものを再アップしました。

http://trhs.cc/1041bokuumi/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やるべきこと(タスク)が多くなってくると、

ワケ分からなくなるので、ToDoリストを作ることにしている。



しかし本来、大切なのは、何をやらないのか。

削るのか。という作業だと思う。



むやみやたらと、ToDoリストにどんどん追加していくと、

やらなければいけない強迫観念、恐怖すら感じる。



やらない部分での仕事術、ライフハック的な情報がほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

企業名、住所と電話番号、代表者名、事業内容









生活をどんどんシンプルにしていく

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://www.nhk.or.jp/dodra/challenged/

予告編を見て、観るのやめようかななんて思っていたんですけど、

観ちゃいました。



個人的感想として、もともと「チャレンジド」という言葉自体、

どうもしっくりこない感があるのですが、



ドラマに関して特に驚きや新鮮味は今のところ無いです。

役者陣の舞台のような台詞の言い回し、キャラクター付けのはっきりさがどうも・・・・という気がしますが。



第1話の、はっきりとやってほしいこと、手伝ってほしいことを周りに伝えないといけないというようなことは、

もうずっとそうだ。と思っています。

その癖がついてきたのか最近では、母親に対しても言ってしまい、

「私に指示するな」と軽く怒られます。

母親とそれ以外の人とは区別しなくてはいけないようです。



第2話の、ボランティアに頼む展開は早すぎるというか、

現実問題、あんなに訳も無くすぐには見つかりません。

それに、あの学生ボランティアの、

「困っている人がいたら助けるのが当たり前じゃないですか」というようなセリフは、何かしっくりきませんでした。

そうじゃないと思うんですよ。

ボランティアって。



http://ameblo.jp/aikouen-kuwayama/entry-10368790991.html



でもここまできたら、たぶん最後まで観るでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

内蔵カードリーダも調子が悪かったので、画面のことも併せて見てもらったんだけど、

15日に、現象の再現ができないので、お使いのマイクロSDカードも送ってほしいとのこと。

16日に、配達員が来て発送。

20日に、速達で見積書が来たんだけど、



1.リーダーは、お使いのカードの方が悪いとのこと。よって、修理せず。



2.画面の不具合は、再現できなかったものの、メモリの接触不良があったので、クリーニングと再装着を実施。各種診断も行ったとのこと。



1.まあカード自体、安物だったからそうなのかなあ。

2.接触不良って・・・・・・うちでも手順さえ教えてもらえれば直せたんじゃ…

確かに、調べてみると、メモリの接触不良で画面の不具合が出ることもあるらしいけど、再現未確認で返されるのが怖い。



しめて、4725円。



ハードに詳しければいいんだけど、ハードはからっきし駄目。

スペックがどうとかは分かりますけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

心配性タイプ

・安心できる領域を少しずつ広げていく



・「目標」とそれを実現する「手段」を切り離して考える



・適切な「手段」が見つからないときは、「目標」を細かく分解



・○○はできないかもしれないが、△△ならできると思う





人との付き合い

・縁があるかないかに尽きる



・楽しいから付き合う、楽しくなければ付き合わない

・ときには人間関係の損切りを行なう

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おれは助けてもらわないと生きていけない自信がある!!

筆談ホステス



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いろいろとある今週で流れが良くないのですが、

明日、試写見に行ってきます。



とよいち日記 : 「ぼくうみ」上映会に向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

・「見る」こと 全体を命あるものとして見る

・「分かったものを使う」理屈は分からなくても、すでに分かったことを使って、どんどん進めばよい



時間管理

時間を細分化して、その中で役に立たないものは捨てて、

空いてる時間をつくって、それをまとめなさい。



フレデリック・テーラーの「サイエンティフィック・マネジメント」の手法と全く同じ

作業・動作を分析して、いらない動作をなくして、

合理的に組み立て直す



モダンの手法で使えるものは使おうよ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

午前5時から10時くらいまで、5時間停電してました。

近所と市内の2人の友人に連絡してみたけど、「してない」とのこと。

中部電力にも電話はつながらず。



人工呼吸器は、バッテリー1時間しか持たず。

自発呼吸はある程度出来るからいいんだけど、眠った状態での自発呼吸は出来ません。

ずっと起きてて寝不足です。



何か災難続きだな。





無理無理。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

7f85f552.jpg




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ひとこと

「研究しよう」

DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「問題志向」

われわれが人生の意味を問うのではなくて、

われわれ自身が問われた者として体験される。



私たちが「生きる意味があるか」と問うのは、

初めからから誤っているのです。

人生こそが問いを出し、私たちに問いを提起しているからです。

私たちは問われている存在なのです。



生きる意味の問題は、まったく具体的に問われるのでなければ、

誤った取り上げ方をしているということもわかります。

DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3a0e75ed.jpg






DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当日の実質的準備は、とよいち側が主動で行ってくれるとの申し出があったので、

企画段階でそういうことは思っていたし、午前中の準備に参加するのは体力的に無理と思っていたので、快くお願いした。ありがたい。



とは言うものの、まだまだ私のやることは多くある。

気が抜けないです。しんどいです。



ただ、チケットの売れ行きは、すこぶる良いそうです。

大半を美浜町に郵送したけど、すぐ売れちゃうそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ