春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2009年12月

今年読んだ本は、約60冊でした。

1週間に1冊程度ですね。

雑誌も読んでいるので、読書量的にはもう少し多いかもしれません。



でも正直言って、まだまだです。1週間に2.3冊いければいいのですが。。。

読みたい本が次々と出てくるので。



では、今年2009年に印象に残った本を挙げてみます。

出版年は関係ありません。出てくる順番も特に意味は無いです。

ちなみに、僕が言う本というのは、雑誌以外のすべてのものです。

小説、ビジネス書、漫画、写真集。



前置きが長くなりましたが、



いまを生きるちから (角川文庫)

マイナスな感情、ネガティブ思考は悪なのか? そういった本。

引き寄せの法則が流行っている。それ自体に反論するつもりはないが、

どうも100%ポジティブでいこう。という風潮には疑問を感じていた。



負の感情を体験して分かるからこそ、正の感情がよく分かる。

詳しいレビューはこちら



半島を出よ (上)

村上龍氏の綿密な取材力ということもあろうが、想像力に驚いている。

夢中で読んだ。

こういう物騒な小説は普段は読まないが、一気に世界に引き込まれた。

下では、少し夢中度は落ちたけど。

詳しいレビューはこちら



町長選挙

「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」

究極の言葉だと思った。と同時に、そういう考え方があるのかと思い、

気持ちが楽になった。

読者自身が、伊良部医師に癒される。ということは十分にあるのかもしれない。

詳しいレビューはこちら



おさんぽいってもいいよぉー―自閉症児ヒロキと歩んだ十五年

当事者手記というのは、中学・高校時代に良いと思ったものに出会わなかったためか抵抗感があります。

よって、まず読むことはありません。

この本をどうして読んだかということについては割愛するとして、

山下氏は父親であり、脚本家ということもあってか、さらっと書いていて読んでいてさわやかでした。

あとがきは、うるっときました。

詳しいレビューはこちら



坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)

ようやく完結させました。何巻にもわたる小説は読んだことがなかったので、

途中苦しさも感じましたが、読んで良かったです。

ビジネス書としても読めるのではないでしょうか。

大変な時は、自分と重ね合わせてみたりもしました。

詳しいレビューはこちら



白夜行 (集英社文庫)

東野 圭吾氏は、今でこそ売れっ子作家になってるけど、

昔はそうではなかったと思う。

なので、僕の評価は低かった。

この本も、ドラマ版「白夜行」の綾瀬はるかの表紙目当てで買ったようなもの。

でも、やられましたね。

東野氏、こんなにすごかったか!?って。

こういう絶妙な書き方の小説は初めて読んだかもしれません。

詳しいレビューはこちら



筆談ホステス

初めて知ったときは、衝撃的でした。

著者の考え方に賛同できるし、自分と障害は違うんだけど同じ年だし、

会ってお話してみたい、つながりがほしい。と思った。

客とかではなく、普通に人として。

どう考えても無理っぽいけど、連絡先知ってる人がいたら教えてください。



しかし、筆談っていうのも、有用なコミュニケーションツールなのかな。と思っている。

詳しいレビューはこちら



3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

フィクションなんですけど、人ってこんなに、あったかいのか。

やさしいのか。と思って、ぐっと胸にきた。

ときに、厳しさが優しさっていうこともあると思うんですけど、

とてもいい作品に出会えたような気がします。

詳しいレビューはこちら



【総論】

いわゆるベストセラー1Q84 BOOK 1などは、圏外になってしまいました。

本も、読んだ時期や自分の置かれてる状況によって、良いと思ったり思わなかったりすると思います。

たくさん読んだ割には、感銘する確率というのも少ないのかもしれません。



でも、本が好きなのでこれからも読んでいくことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現場を任せる事が重要。

日本式の「ホウレンソウ」は、指示待ち人間を作るだけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のアンケートが集計されました。

結果を公表しておきます。匿名ですが、公表がまずかったら連絡下さい。



(一般用 40名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足19   満足17  ふつう  不満   とても不満



2.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう32  安い   とても安い



3.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人25  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(つぼみの会2、母1、娘1)



4.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を観て、自閉症(じへいしょう)について理解できましたか?(1つ回答)

よく理解できた11 理解できた29 理解できなかった 全く理解できなかった



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい17 すすめたい20 すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもよい企画だった。もっと多くの方に理解していただけることを願いたい。

・感謝です。ありがとう。

・とてもいい映画だった。ありがとうございます。

・自閉症に対してまだまだ知られていないと思う。多くの方にこの映画を観て知って頂きたいと思った。

・自閉症についてなんとなくだが理解をすることができた。

・坊ちゃんと重なるところがたくさんあり・・・・地元で広げていきたい。やってみたい上映会。

・こういう機会にめぐまれてありがたく思う。孫が自閉症です。

・もう一度観てみたいと思った。ありがとうございました。

・自閉症という病気を間違えて理解していた。

・自閉症は1000人の中の2人〜5人と言ってたけど、実際はもっといるのじゃないかと思った。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・「ぼくうみ」も感動したが、「とよいち」さんの理念にも心を打たれた。ありがとうございました。

・観て良かった。またひとつ世界が広がった。ありがとうございました。

・企画も映画の内容もとてもよかった。障害児・者の支援をしています。ぜひ近くの人にもお勧めしたい。ありがとうございました。

・もう一度観たいと思った。

・多くの人たちに観てもらえると良いなと思った。障害のある子がいる・・・他の子どもはその子のおかげで不自由なく生きてゆける というセリフ、親としてものすごく心を打たれた。

・「そもそも自閉症とは何?」という人には分かりやすい映画だと思う。軽度の人たちはまた違うという対比もあるといいと思う。春田さんと山下さんの想いで実現したので今度はサポートができればと思う。

・社会にもっと理解してもらえるようにすることが大事と思う。この様な会をもっと広めたらいいと思う。

・とてもよかったです。いろいろなところで上映してください。内海でも。

・海のそばの、この美浜(南知多?)で上映できたのはよかった。海はここの財産だ。

・ちょっと外がうるさかった。

・みなさんの上映に対する熱い思いが伝わった。ありがとうございました。

・いい映画を見せていただきありがとうございました。

・会場がちょっと寒かった。映画を上映中に外の話し声が少し気になった。でも映画はよかった。

・自閉症は1000人の中に5〜6人もいることにおどろいた。初めて聞きました。

・身近なところで映画を観られてよかった。とよいちさんに来られてよかった。

・自閉症について言葉では聞いていたが、映画を観ることによりもう一段階深く理解できた。自分の子も含めて皆で助け合っていかなければと改めて思った。そしてその子からも私たちは得るものが多いと思った。





(ボランティア用 18名)

1.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会に参加してみての満足度について教えてください。(1つ回答)

とても満足12   満足  ふつう  不満   とても不満



2.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会で、ボランティアをしてみていかがでしたか?(1つ回答)

とても満足10   満足  ふつう  不満   とても不満



3.自主上映会協力チケットのお値段は、いかがでしたか?(1つ回答)

とても高い   高い  ふつう12  安い   とても安い



4.とよいちで「ぼくうみ」を上映する会をどこでお知りになりましたか?(複数回答可)

とよいち  インターネット  友人・知人  NPO法人チャレンジド

美浜町社会福祉協議会  みつまめ  その他(          )



5.映画「ぼくはうみがみたくなりました」を誰かにすすめたいと思いましたか?(1つ回答)

ぜひすすめたい10 すすめたい すすめたくない 絶対すすめたくない

わからない



6.以上の回答も踏まえた上で、ご意見、感想などございましたら、ご記入ください。

・とてもいい映画だった。  

・映画の内容も自閉症についてもよく理解できた。   

・みんなで協力して出店して楽しめたことがよかった。   

・「病気」を知らないことが多いので知らせる機会が多くあればよいのに。  

・いろんな方とも絡めて楽しかった。   

・とよいちでまたこういうのをやってほしい(^o^)   

・仲間意識が多く楽しいイベントであった。非常にうらやましい地域活動だと思う。

・手作りの良い雰囲気の上映会になったと思う。スムーズとはいかなかった部分もあったが上出来だと思う。

・チケットの組織体制があまかった。直前に断らざるを得なかったのは事前の情報(完売等)を流せていなかったことが原因の一つになった。





アンケートへご協力頂いた方、集計作業をされたとよいちの娘さん、

ありがとうございました。



【はるたの個人的な感想】

正直、予想以上に好意的な意見が多かったので驚きました。

何回も読んでると涙が出てくる。マジで。



アンケート作成については、

終了後に見るので、もしネガティブな意見が圧倒的だった場合、

心の弱い僕は、相当落ち込むと思うので、それを回避したく、どちらかと言えば消極的でした。



アンケートの分析方法や読み方は、マーケティングや統計学の視点などいろいろあると思うのですが、

そういうのは不勉強なので、ごめんなさい。



でも良かった。

終わってみて、ぼくうみ上映会とは何だったのか。

本当に良かったのだろうか。

ただ皆さんに迷惑をかけただけだったのではないだろうか。と自問自答していました。



ご厚意により利益が出て、満足度も高かったので、

これに慢心してはいけないと思いますが、

奇跡に近いことだと思います。



この間は、ちょっと愚痴めいたことを書きましたが、

苦労が報われて良かったと思います。



僕は、幸せ者です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Google Chrome - ブラウザのダウンロード

http://www.google.co.jp/chrome/



初めてクロームが出た時は、あまりにものシンプルさにびっくりしてしまい、

こんなの使えないよ。と思い、使っていなかった。



しかし今年の秋、パソコンが壊れ、弟のPCを貸してもらっていたのだが、

その弟のノートPC、標準のIEが重いの重いの。

回線は良いので表示はそこそこだが、起動が遅い。



試しに、クロームを導入してみた。



びっくりした。

早い。

クロームってこんなんだったの。

それから、修理に出していたPCにもクロームを入れて、

今まで使っている。



正直言って、おすすめである。

シンプル・イズ・ベストとは、こういうことを言うのだろう。



ただ、ブログの編集において、おかしい点が。

感じている方もいないだろうか?

c78c40dc.jpg




装飾をほどこしたい、文章を選択して、

31ff5580.jpg




該当ボタンをクリックすると、

5cbb8e60.jpg




え・・・?はっきり言って、え?ですよ。

手打ちでしろ。ということなんでしょうか。

何か改善策があるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

基礎疾患を有する者として、新型インフルエンザのワクチン接種を行ってきました。

今のところ、何ともありません。



場所は、通院している診療所で、日時は通院と一緒には出来ない。ということで、

今日、集団接種のような形で実施されました。



いつもの看護師さんに、副作用について尋ねてみたところ、

「私は大丈夫だったよ」という回答を頂きました。

昔だったら、こういう回答を聞いて、さらに不安になるのですが、

今では、何かこういう人、好きです。



新型インフルエンザマニュアル

http://haruta.ldblog.jp/archives/51366538.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大抵の子どもには、どんな形にせよサンタクロースがやってきます。

つまり、サンタクロースのいる世界にいるわけです。



大抵の大人には、サンタクロースはやってきません。

つまり、サンタクロースのいない世界にいるわけです。



これって、結構大きな違いだと思うのです。



同じ一つの世界に住んでいるはずなのに、

住んでいる世界が違う。目の前に広がってる景色が違う。



恋人がどう・・・とかいう歌もありますけど、

あれはほかっておくとして。



ちなみに、クリスマスについて、ど真剣に考えると、

悲しくなるので、

家族とチキンを頂いて、ささやかな幸せを楽しむことにしています。



クリスマスなんてだいっきらい! (ART BOX GALLERYシリーズ)



SURF&SNOW

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

結局のところ、僕の器の問題なのかもしれない。

自分がストレスに感じたことって、自分は頭の中がぐるぐるしてるけど、

他人は頭がクリアなので冷静な判断ができる。



なので、数人から意見を聞いて、冷静な判断が圧倒的なら、

僕は間違っているということ、器が小さいということになるのだろう。



まだ認めたくないけど、そういうことなのだろう。



せっかく、いい気持ちで終われたと思っていたのに、悲しくて残念で仕方ない。



執着が強すぎるといかんのかな。



人間の器量 (新潮新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まだ完全には終わっていないので、乗り越えたことにはなっていないかもしれませんが、

明らかに、



とよいちで「ぼくうみ」を上映する会http://trhs.cc/1041bokuumi/



ですね。

ネガティブな意見を言いますと、

疲れました。気疲れです。

今までイベントの運営側、ちょっとした会の幹事すらしたことありませんでした。



皆さんのご協力のおかげというのは大前提です。

これは紛れもない事実です。



運営側でしたので、とにかく私情を出来るだけ排除して、

とにかく理念http://trhs.cc/1041bokuumi/cinema/index.htmlに沿う行動、上映会が成功するのみ一点に集中、

自分だけの感情は出さないようにしてきました。



私情を出さないようにしていくというのは、なかなか厳しいものです。



だからと言って、始めから嫌々やっていたとかそういうことでもないです。

偽善と言われるかもしれませんが、大きなボランティア行動、利他的な行いをしてみたかったのです。





昨日、ここにも書きましたが、最後の最後に残念なことがあり、

腹は立っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

上映会終了でも、それなりに事後処理というのはあるものです。



お金の管理は、自分がしているのでそういうのであったり、

改めて報告はしますが、皆さまのご厚意により、利益は相当出ました。



利益は全額、とよいちhttp://1041.trhs.cc/に寄付することも決定しました。



準備期間中も、ドキッと驚くようなことはいくつかあったので、

少々のことには動じなくなっていたのですが、

今日ちょっとびっくりすることがあって、

まあ、終わり良ければすべて良しかもしれないんですけど。



後味は悪いですよね。

自分の方にも非はあるだろうし、お世話にもなっているわけですから何も言いませんが、

又聞きではなく、直接はるたに一言連絡があってもいいんじゃないかな。と思いました。



僕なんかもやっちゃいましたが、連絡・報告って改めて重要だと認識しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クリスマスツリーが欲しいようでしたら、お譲りします。



個人でも、施設やお店などでもOKです。

条件としては、

一応、はるたと何らかのつながりがある方がいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ATARIMAEプロジェクトのメールマガジンに、こんな文があった。



僕は、小さいころから知的障害者の弟と一緒に育ちました。だからとい

って昔から障害者への理解があったわけではありません。正直、小さい

ころは、障害者の弟をできるだけ世間から隠したいと思う気持ちがあり

ました。



しかし、働きたくても働けない障害者がたくさんいるのをある本で知り、

なんだか悔しくて・・・。それから、障害者を応援していこうと思うよ

うになったのです。



このプロジェクトを応援してくださる方のなかにも、ちょっとしたキ

ッカケで、障害者に対する考え方が変わった方がたくさんいます。

そのちょっとしたキッカケになる情報を、今後もメルマガやWEBサイト

で発信していきたいと思います!




最初の方は特に何も感じなかったが、

だんだん違和感を感じてきた。



障害者っていうくくりは、何となく違和感を感じる。

障害を持つ人とか、身体に障害がある人など、

具体的表現に直すと多少、違和感はおさまる気がする。



そもそも、あの人は障害者だから○○だよね。という表現は成立しないと思う。

現実的には、そういう会話って結構あるんだけども。



そんな折、愛光園の本部長さんが似たようなことをおっしゃっていた。



「障がい者」雇用という表現に違和感があるなあ

http://ameblo.jp/aikouen-kuwayama/entry-10339224214.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これは究極の質問というか、正しい答えなんてないんだろうけど、

回答例が知りたい。

この手の話は、少し間違えると下世話、セクハラ的になるんだけど、

やっぱ大切なことだと思うんですよ。

人間である以上、本能部分で仕方ないというか。

https://ssl.miwapubl.com/inquiry/index.php?question_id=5

質問1

【恋愛】女性の未婚OT.男性の患者さんに恋愛感情をもたれました。院内でストーカーのように付きまとわれ、困っています。どうしたらよいでしょうか?



質問2

【結婚】統合失調症で入院中の女性。退院後、結婚の予定があります。家事や金銭管理等に不安をもたれていますが、どのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問3

【恋愛】作業療法を受けている高齢の2人が、お付き合いしたいと言っています。彼らの子どもたちは反対していますが、利用者・家族へどのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問4

【恋愛】片麻痺のある20代の2人から、交際を始めたいと相談されました。ご両親は反対していますが、どのようなアドバイス・支援をすればよいでしょうか?



質問5

【性】脊髄損傷の男性。将来結婚し子どもをもちたいと希望されています。性機能について心配されていますが、どのように支援すればよいでしょうか?



質問6

【妊娠・出産】脳卒中の後遺症のある20代女性。将来妊娠・出産を希望されていますが、どのような支援が可能でしょうか?



質問7

【性】上肢機能に障害のある10代後半の男性。自慰行為について相談されましたが、OTとしてどのような援助ができますか?また、どのような自助具がありますか?



質問8

【性】自閉症の男性。思春期で、自慰行為に関心があるようです。どのような支援をすればよいでしょうか?



質問9

【性】30代の夫婦。夫は片麻痺があり、性生活について悩んでいるようです。どのようなアドバイスをすればよいでしょうか?



質問10

【性】精神障害のため作業療法を処方されている方同士が、性的関係をもたれたようです。女性から「生理がこない」と相談されました。どのように対応すればよいでしょうか?



質問11

【育児】統合失調症の30代の夫婦。生活保護を受けながら子育てをしていく予定だが、心配だと相談されました。どのように応えればよいでしょうか?


僕自身、まあここ数年、水面下でいろいろ調べて活動してまして、

あくまで自分のことなんですけど、「性」については道筋が立ったというか、

確立できた、確立しつつあるのではないか。と思っています。

話を求められていないので言わないですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あなたは、一日が25時間あったら残された1時間を何に使いますか?





空は君の気持ちと同じだよ。青くきれいに澄み渡った空、

薄曇りな空、どしゃ降り雨の空

まだまだ僕が見つけていないいろんな空があるはず





愛、平和、希望、勇気、夢

みんな目に見えないものだけど、とても大切なものなんだ

まだいっぱいあるはず。探してみよう





1行でもいいから毎日、自分の思ったことを

ノートに書き留めてみませんか?

きっと何か見えてくるはず

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自主上映会を行うということは、かなりの部分で「思い入れ」が入ってしまうと思います。

そこは認めつつも、

出来るだけ、1つの作品。

1つの映画作品の感想として書いておきたいとは思います。



あと、単なる個人的な感想です。上映会代表とかそういうもんはないです。



期待が大きいと、その分、評価を下げてしまうだろうな。と映画を観る前は思っていました。



が、予想以上に良かったです。



アカデミー賞とか、そういうとてつもなくでかい賞は取れないと思います。(すみません)

ただ、もうちょっと評価されてもいいと思います。今は、過小評価過ぎます。

何かしらの小さい映画賞は、たくさん受賞してもいいと思います。



僕は、基本的に、

・邦画が好きで

・セリフが少なめなのが好きで

・きれいな風景や映像が好きで

・おだやかなBGMが好きで

・主要人物が死んで、泣かせようと試みてくる映画が嫌いなので



ぼくうみは、基本的に最初から僕の条件を満たしてはいました。



■障がいを持つ人を捉える世界観



ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]」という本と映画があって好きなのですが、

周りの人の接し方、障がい者へのアプローチ?が、ぼくうみと似てるかな。と。

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)は、身体障がいの女の子で自閉症とは関係ないですし、

性的描写が激しいところもあるので、誰が観てもOKというわけでもないのですが……。



ぼくうみについて言うと、

「まあとりあえず、障がいがあってもそれはそれでいいよね。周りの人に迷惑かけるかもしれないけど、よく分かんないところもあるかもしれないけど、まあいいよ。それで」



そういう言葉が自分の中に、ふと浮かんで、僕自身についても、

何となく、まあいいや。って気が楽になるような感じはしました。



救われるって言うと大げさですけど、まあいいや。って感じで。

実際の生活は大変なんですけど、障がいがあるということに対して、気が楽にはなります。



■秋野太作の重し



原作の園長先生は、若干うっとおしいと言うと恐縮ですが、

自閉症について語る部分が際立っていて、何だかなぁ。とは思っていました。

映画でもその部分は説明的になっているとは思いましたが、自閉症啓発の点で、まあ目をつむるとして、

全体的に秋野太作いてくれて良かった。と心底思いました。

いるのといないとじゃ全然違います。

名優と言わざるを得ません。



引き締まっています。



■弟・健二と女友達・香織について



障がい者を持つ家族とかにしか分からないのかなと思いますが、

障害がある兄弟・姉妹を持つ人を取り上げたというのは、かなり大きく評価すべき点かもしれません。

僕が別の人に聞いた話ですが、

タイプとして、障害者が家族にいても健二のように表面上は福祉に興味が無い人と、

香織のように興味がある人・職業に生かす人というふうにきっぱり分かれるそうです。



どちらがいいとも思いませんが、そういうのがよく描かれると思いました。



健二の回想シーンは泣けますね。ぐっときます。

障害者と健常者の子を持つ親は、よく分かるのかもしれません。



うちの弟は、健二タイプでしょうね。

「ぼくうみって、DVD、出んの?」と言ってました。



■お涙頂戴ものへの皮肉?



その健二と香織が一緒に観ていた映画なんですが、

あれは、ぼくうみ用ですよね。実際にあるんだったら笑えますが、

矢崎滋が出ていたような……気のせいですよね。

でもあれって、障がい者が出てくるとすぐにお涙頂戴にいくから、それに対する皮肉のような気もしました。

考えすぎか。



■映画の場面転換の早さ



ロードムービーということもあってか、いろんな風景・場面が出てくるので、

飽きないな。退屈しないな。と思いました。



■BGM



お楽しみ抽選会用のサントラを買って、あらかじめ聴いていて、

いいな。と思っていたので、

映画と合わさると余計にうるっときました。



ぼくはうみがみたくなりました オリジナル・サウンドトラック
椎名 邦仁
Water Planet Music (2009-07-04)
売り上げランキング: 812,938




■結論、おまけ



DVD出たら、たぶん買うと思います。

もう一度観たいと心の底から思っています。



しかし、大塚ちひろさんみたいな、あんな可愛い人が、

誘ってくれるなんて無いよな。って思います。

誘わないと物語が始まらないのでいいんですが、

ああいう神展開は現実ないよな。って思います。



ぼくはうみがみたくなりました [DVD]
日本コロムビア (2010-11-17)
売り上げランキング: 61,951








ジョゼと虎と魚たち - 映画の感想

http://haruta.blog.jp/archives/50793899.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(行徳哲男)

過去は変えられないし、未来を憂いても仕方ない

しかし、「今ここにある現実」なら自分の力で変えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ