春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌と各種資料

2010年01月

好きなんだけど“好き”って言えない関係 一緒に写ってるたった一つだけの写真、机の上に飾ってみたよ 会えるって事・話せるって事がとっても幸せで ずっと一緒にいたいと思ったんだ 月の見える夜 ケータイ電話から聞こえてくる声が 何だかボクの胸を切なくさせた ...

ほんとにほんとに分かってくれる人 ほんとにほんとに自分のすべてを理解してくれる人…ヒト… そんな人は、この世にいないんだろうか ボクの心まで、あと5cm、4cm、3cm… 縮めていければいいと思うけど そんなにうまくはいかない あなたにはいますか お互いが理解し ...

記憶の中だけに残ってる出来事 かき消したくて外を歩いてみたよ シャボン玉みたいに浮かんでくる嫌な思い出 なかなか割れなくて・・・ 君に会えば割れる気がしたよ ...

詩をたまに載せていますが、現在書いたものではなく、 10年くらい前に書いて溜めていたものをデジタル化しておこうという試みです。 ご了承ください。 ...

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51413700.html 土曜日は、「授業半日」 それを肌感覚で知っているのって、ギリギリ僕ら世代までなんじゃないかな。(1984年生まれ) 確か、中学辺りで、土曜日は休みになった。 あれはあれで、子どもながらにいつもとは ...

今をクヨクヨすることはないんじゃないですか。 無駄な抵抗はやめよう、ということです。 長い目で見て、ぼちぼちやろうよ。 英語で言えば”Take it easy”(福岡伸一) 「聞き上手」になるのではなく、 ただただ聞く意識を持つ(糸井重里) 「存在するものは合理的である」 ...

25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと ブログの内容が変な方向に行ってしまいそうだったので、 ちょっと軌道修正。 本の紹介は、もう1年に1回でいいかななんて思っていたのですが、 新年早々、いい本に巡り合いました。 僕は、25歳と言って ...

窓辺でゆれてる白いカーテン 座ってる君の横顔がいいね 遠くを見つめる瞳には何が映ってるの? 砂浜ではしゃぐ子どもに 海は優しく笑ったよ ...

アメリカに行ったことがないどころか、日本を出たことすらありません。 そんな奴が言うのもどうかと思いますが、 車いすの男が銃を持って郵便局に押し入り発砲、局員ら5人を人質に取って立てこもった。男は約8時間後に投降し、身柄を拘束された。負傷者は出ていない。 車い ...

子どもの頃から見ていた夢 大切な人が居なくなって気づいた夢 すべて大切な気がして壊さずに生きてたけど 君に出会えて初めて気付いたよ 本当に大切な物 目の前に広がってるけど勇気がなくて 翼広げる事が出来なくて・・・ 虹のかけら拾い集めたら 何かイイ事ありそうな ...

いきなりですが、自分の主のメールソフトは、Gmailです。 そこには、ラベル分け機能(フォルダのようなもの)というのがあるのですが、 去年は、「とよいちで「ぼくうみ」を上映する会」の青ラベルで、受信箱が占領されていました。 最近は、ぽつぽつと減って、無くなりつつ ...

いつも元日になると、いろいろと思い浮かぶのですが、 大して思い浮かびません。 しんとしていて、ゼロの気持ちです。 こんなに気持ちが落ち着いているというのも珍しいものです。 僕は、クールで感情を表に出さない性格のようですが、 精神的には、さざ波だっていることが ...

↑このページのトップヘ