春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

2010年02月

僕は、自閉症というものが腑に落ちるまで2年くらいかかりました。
周りにそういう人もいないし、
集中講義を受ければ、もっと短期間でいけたのかもしれませんが、
「あの人は、自閉症ですか?」
「いいえ。あの人に自閉症の特性は見られません」みたいなやりとりをして、少しずつ覚えていきました。

もちろん、今でも完全に理解しているとは言い難いです。
高機能、アスペルガーとかもありますし、幅も広くなっていますので、ますます難解です。

ぼくうみの自主上映だけでは、やはり本当に理解してもらえるのかと言うと、極めて怪しいです。
それでも、まあ、ああいう人がいるんだな程度でもいいと思います。
みんなそういう意図でやっていると思いますし。

自主上映の協力者の中でも、よく知らない。最初の明日美ちゃんのような捉え方をしている人もいました。
原作本も読んでもらって、映画も観てもらって、自閉症診断も教えて、
よし、理解してもらえた。と思っていたのですが、
あるとき、僕から見たら、特に自閉の特性は見られない人について、
あの人、自閉症だと思ってた。と言われて、あぁ、そうなのか……。と思いました。
軽いショックでしたが、
こういうのに皆さん苦労されてるんですよね。

僕も腑に落ちるまで結構時間かかりましたし、
知らないことは悪いことではない。とは思います。

でも、自閉症啓発・理解の難しさは感じました。
上手く言わないと、怒ったように聞こえますし。

僕自身は、これから自閉症から遠のいていくのかもしれませんが、

間違った考えをしている人には、やんわりと訂正していきたいですし、

ぼくうみっていう、いい映画があったよってことも伝えていきたいですし、

困っている人がいれば、とよいちってところも紹介していきたいとは思っています。

何かを求められれば、協力もします。
代表とか主導権握るのは、当面やる気が起きないんですけど、
協力依頼があれば、僕はどんなことでも出来る範囲で協力するでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今まであまり意識してこなかったし、まだまだ検証の余地があると思っているのですが、

ふだんから、主に高齢者の方の介護をしている人と、
高齢者以外、自分みたいな障害者の介護を主としている人では、微妙に違うのかな。と思っている。
声かけであったり、やり方であったり。

まあほとんど同じでしょうし、
具体的なことを書けと言われると、まだ困るレベルですが、

僕は、別形態ではあるものの、両方の人から受けるようになっています。
意識しすぎかもしれないし、その人・その事業所自身の特性があるのかもしれないけど、
微妙に違うなとは思っています。

あくまで僕の経験上、思うことであって、文句とかでもないのですが、
その一つとして、
高齢者系の人は、真剣にこちらの話を聞くという姿勢は若干劣る気がします。
こちらが何か言っても、聴き取れていないのに(こちらは分かる)、分かったような態度、あぁ、はい……的な態度をされる方が多い。

障害者系の人は、こちらが言ったことに対して聴き取れなければ、
前述のようなあいまいな態度は取らない。
分からなければ、「分からない」という態度で、何度でも聴いてくるし、いろいろ工夫してくれる。

個人的には、やはり聴き取れていないのに聴き取れたような態度をされるのは分かるので、
後者の対応の方が、気持ち的には楽。

前者の場合だと、次、話すのも何となく話しづらい。
ガツンと当たっていけばいいとは思うが、もともと自分はコミュニケーション下手なので、
そこは何とかしなきゃと常々思っている。


この高齢者と障害者の違いを確信に近くさせてくれたのは、
介護福祉士の試験を勉強している人の、
「高齢者の問題も出てくるから、障害者とちょっと違うんですよね」という言葉から。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

女の心の中に土足でずかずか入って足跡残してこいよ


モテねぇ男には、モテねぇ男なりの戦い方があんだろ?


トラウマ消したきゃ、トラウマさんざんいじって来いよ
モテキ 2 (イブニングKC)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年は、サクサクと批判を含めて書いたのですが、
今年は書いていません。



2つの理由があります。

1つ目は、状況は全く違うものの、運営側の苦しみを僕自身が十分に知ってしまったからです。
よって、去年のようにサクサクと言うことができません。
パソコントラブルがありましたが、大変だなあ。と、かなり同情してしまいました。
去年だったら、リスクマネジメントがなってないとかなんとか偉そうに言っていたことでしょう。

そして、2つ目が一番大きいのですが、
あまりにも衝撃で落ち込み気味だからです。
午前中は観ていないのですが、冊子をもらいました。
翌日にそれを読んでいたのですが、どうしても自分と重ね合わせてしまい、
なにやってんだろ。おれ・・・。と思ってしまいました。
障害があってもやりたいことを工夫して楽しくやって、
それが300人くらいの聴衆の前で発表されて、すげえなぁ。と思われるんですよ。
実際に観たわけではないので、観たら観たで違った感想を持つのかもしれませんが、
ロゴ製作者には、表彰式もあったと聞くし。

誤解してほしくないのですが、別にみんなの前で自分がやってきたことを発表してほしいとか、表彰してほしいとか、
そういうことではないのです。
そういう恥ずかしいのはあまり好きではありません。

でもなんか、あんまり僕自身は評価されてないな。と思うのです。
それを思うと、この1週間、ふとした瞬間に涙がぽろぽろ出てきます。

恩を売るつもりは無いし、見返りを期待して行動していたとかはありません。
手伝ってもらった方には、心から感謝しています。本当に。

でも僕に近ければ近い人ほど、あまり良くは思ってないだろう。という思いがあります。
そんな成功させるためには、責任ある者として、いろいろ言わなきゃいけないのは当たり前じゃないですか。
こっちは、最悪の事態を想定して動いていたのに、
ほとんど何もやってない的な、お飾りみたいに思われて、
結局、当日に実際に体動かして準備した人が注目と感謝されるんですよ。

で、最後らへんに不満とか言っていたら、逆に「あの人はこうで、この人はこうで」とそれぞれの事情を言われました。
それを言われると胸が痛いんですけど、
僕だって、求職活動とか中止して打ち込んできたし、
1日中寝込んだこともあったし悪夢も見たし……。

みなさんには帰っていく場所があるのかもしれませんが、
僕には無いです。
学校卒業してから、人間関係が一気に減って寂しくしています。
昔は、結構いろんな人に話しかけられていたのですが、
最近は、なんか人間的魅力が落ちたのかなあ。と思う時があります。

でもま、素晴らしい人たちなので、
あえて、崖から突き落としてうんぬん。ということなのかもしれませんが。

一番言っちゃいけないことだと思っていたので黙っていたのですが、
あれだけ苦労したんだから、もうちょっと何かあってもいいと思うんです。
見返りを期待してる発言です。。。

今度は、はるたが個人的に困っていることの力になります。とでもと。。。

100%道楽でやってるとは思ってほしくないです。
道楽ならどっかに行くか、DVDでも購入して勝手に楽しくやります。

そんなようなことを優しい人に話してたら、
僕は、はるたさん、すごいと思ってましたけど、野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)に、頑張って褒められるうちは二流、一流は批判されるって書いてありましたよ。はるたさんも一流になったんじゃないですか。って言われました。
まあ、みつははさんからもいつも励まされてばかりだし、
ごくごく一部の人からは、良く言われるので、それでいいのかな。とも思うんですけど。

自分の人生で、1位2位を争うほど頑張った割には、
あまり評価されていないと思う日々です。

がんばっているのに報われない人のための 「認められる!」技術

久米 信行 日本実業出版社 2009-05-21
売り上げランキング : 644288
by ヨメレバ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自分がこの社会の中のどのポジションにいるのか、
それをできるかぎりわかりやすく、記述するということ

チープな自慢はダメ、もっと本質的なことを語れ
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当事者が主役、高いクオリティーを実現する 「中華茶房うんぷう」
愛知県 社会福祉法人 むそうhttp://www.wam.go.jp/ca30/shuroshien/detail/c05/201002_02/201002_02.html

初めてとよいちに行ったとき、途中で連れてってもらったなあ。
また行きたいな。
てか、ラーメン食べたい。

興味ある人いたら連絡下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

試しに始めてみた。
あくまで試験的運用なので、嫌になったら止めます。

春田 康吏はるた やすし (haruta1984) on Twitter
http://twitter.com/haruta1984

誰でも見られるということで、mixiボイスよりはいいかなと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

表題のとおりです。
まあボランティアなので、辞任も卒業も無いと思いますが、
そろそろいいのかな。と思い、卒業を申し出て受理されました。

2005年の工事前から見てきたので、いろいろと思うことはあるのですが、
いい夢を見させてもらったような気がします。

楽しかったです。

とよいち自体は、まだまだ続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

春夏秋冬を人生に重ね合わせる

春・小さい時、大学を出るまでの話
夏・入庁してがんばってる
秋・引退
冬・終わり

「要するに」はNG
「待つ」

聞いて分かるのは4割程度
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とよいちの娘さんにお会いしましたので、
ぼくうみ上映会で発生した利益50987円を、全額とよいちに寄付しました。

とよいちでは、このお金で業務用ガスコンロを購入して頂けました。

これにて、とよいちで「ぼくうみ」を上映する会のすべての業務が終了しました。

おしまい。また、こんど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ご要望にお応えして、購入した書籍を書いておきます。
大したことないんですけど。。。

てか、思ったんですけど、Amazonやlivedoor Booksで買うときと大して変わらないなと・・・。
本屋さんで偶然見つけた本を買うことはないというか・・・。
レビュー見た〜い。ってなる。

てことは、逆にコスト高です。まあ僕の場合、出かけることに意義があると思っているので良いのですが。

アピタ大府店の夢屋書店の経済経営の棚は、なかなかです。
有名どころは、忠実に網羅しています。

順不同です。
悩む力 (集英社新書 444C)

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

1Q84 BOOK 2

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

夢をかなえるゾウ

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

モテキ 2 (イブニングKC)

バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここに書く文章は、出来るだけポジティブなことを書くようにしていました。
そのことが逆に偉そうにうつっていたのかもしれません。
別に、お前の文章、偉そうだ!などと言われたわけではありません。

ここに書いている文章は、はっきり言って、
意図して書いてる「はったりの文章」です。

誰かに何か言われたとかそういうことではないです。

僕は、もともと心配性だし、自分に自信なんかあんまりないですし、
「根拠の無い自信」を持って行動してきました。

また、周りを見渡しても、すごい人ばかりで、「勝ってる」と感じたことは一度もありません。
勝ち負けじゃないのかもしれませんが、
この人より優位に立っているとか思ったことはありません。

周りは、常に自分にとっての目標・理想です。

とりあえず、頑張って、自分自身で、成長した!と思って、
周りを見ても、やっぱり周りは上をいっているのです。
くちびるを噛みしめるということは多いです。

自己新記録が大事なのかもしれませんが、
どんなに自己ベストを出しても、世界の壁は厚いのです。
常に、最下位です。

それでもまあいい。と思って、倒れそうになっても、
起き上がって頑張っていたのですが、

昨日から今日にかけて、カウンターパンチを受けたように、
ぐったりとしています。

2008年大学卒業、
2010年2月上映会業務終了、

これでもう終わったかな。あとは、老後、おまけの人生。
そんな気がしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年の夏ごろから、何となく欲求不満を感じていた。
今年に入ってから、欲求不満が急上昇してきたので、
まずいな。とは思っていた。
全然、楽しんでないじゃん、俺。という、あせりがあった。

ぶっちゃけ、
知らず知らずのうちに、家の中にいることがかなり多くなっていた。
そういえば、外食も1年近くしていない。自分だけ。w

気付くの遅いんだけど、欲求不満状態でした。

たいていの人は、僕のことについて、
ストレス耐性が低い子と思っていると思うんですけど、
以上のことを考えると、それほど低くないのではないだろうか。
と自己分析している次第。


で、アピタ大府店に新しい書店(夢屋書店)が出来たと聞いていたので、
行ってきた。
思いのほか、ラインナップが充実していたので、書籍を10冊ほど大人買いした。

新聞社から頂いた図書カードもあったので、
7500円くらいの出費で済んだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お知らせしときます。そんな宣伝してくれるな。と言われるかもしれませんが……

日時:2010年2月13日(土) 10:00〜16:00
場所:あいち健康の森 プラザホール 定員300名(参加費無料)
詳細は、http://www15.ocn.ne.jp/~aikouen/

今年は、スペシャル過ぎます。
第1部・横浜市にある『朋』の創設者 日浦美智江氏と障がい者活動センター愛光園前施設長の廣瀬治代氏の対談

目玉は午前の対談でしょうが、僕は午後第2部からの参加です。
しかし、無料だなんて、太っ腹です。

とよいちから車、出るそうです。http://1041.trhs.cc/1041/cgi/joyful/joyful.cgi?list=pickup&num=1126
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

iBookstore の日本展開についてジョブズにメールで聞いたらアップルから返信が来ました
http://d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko/20100203/1265155798

僕は、英検準2級を持っていながら英語がからっきし出来ないので、
ジョブズにメールを送るようなことは出来んわけですが、
アップルのサポートについて思ったことを。

まず始めに、Macへの強い憧れはあるものの、未だWindwsユーザです。
数年前、家庭内無線LANを構築(ネットが出来るようにするだけだけど)することになって、
無線ルーターを探していた。

そこで、目に留まったのが、AirMacと呼ばれるもの。
Apple AirMac Extremeベースステーション MC340J/A
当時、(今でもそうかもしれないけど)
他の製品は、機械からアンテナが何本も出てたり縦置きだったり、
正直、デザイン的に気持ちが悪かった。

それに引き換え、このAirmacは、
お弁当箱のようでとてもかわいらしかった。
Windowsユーザも使える。ということで、一気に気になっていった。

しかし、一つ疑問があった。どういう疑問だったのかは今となっては忘れましたが、

サポートセンターに問い合わせようと思った。

自分は、電話での応答は無理なので、メールで・・・・。
しかし、どうしても見つからなかったのである。
そういうところが。

仕方なく駄目もとで、全然別のメールを送れるところがあったので、
気管切開をしていて応答が無理。という事情を書いて、送った。

アップルのサポートは評判悪かったので、大して返事も来ないだろうと思っていた。

そしたら、返事が来た。

びっくりしたのが、アップルの社員の個人メルアドから来た。
すみません的な感じで。

それから何回かやりとりをさせてもらって、(途中、明日は私自身お休みを頂いていますので返答は遅れるとの連絡もあった)
解決したし感激したので、
AirMacを購入した。

それから、アップルのことは結構気にしている。
サポートセンター業務としては、良くないのかもしれないけど、
意外に相手してくれる。


Appleのデザイン戦略をウェブサイトから学ぶ、15のデザインヒント
http://coliss.com/articles/build-websites/operation/design/15-design-tips-to-learn-from-apple.html

必読ジョブズ語録「ハードvs.ソフト」
http://www.gizmodo.jp/2010/02/hard_vs_soft_jobs.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ