(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

2010年08月

20:40 RT @jdash2000: 久しぶりに楽天で注文…ってあいかわらずメルマガ登録させようとするのな。毎回注文毎に出るのね。ちょっとうんざりする…。
20:30 チャレンジに失敗したと感じると、そう思わないとやっていけないです。 RT @chabin_desuga: そんな気がするようなしないような RT また原点に戻ればいいだけ。元いた場所に戻ればいいだけ。
20:23 また原点に戻ればいいだけ。元いた場所に戻ればいいだけ。
17:28 一緒に、エロバリ見に行ってくれる人がいれば最高なんだが。
16:42 24時間テレビの出演者のギャラがどうのこうのって、毎年、同じ話するのもう止めようよ。
16:37 今日は、肉体的にも精神的にも、ぐったりモードです。
Powered by twtr2src

16:36 http://twipple.jp/t_pl/twikoku/
主旨がよく分からん。
10:00 傷つかないための心の準備ができていない。
Powered by twtr2src

19:11 RT @aoi_sola: ホラよっ。セクシー先生だぜ(笑)まだまだ現役だぜ。 http://twitpic.com/2iaamg
19:10 バリバラみたいな感覚で、裏・24時間テレビとか誰かやってくんないかな。
Powered by twtr2src

てことで、車いす新調の件で、中央児童・障害者相談センターに行って参りました。

まあ詳細なレポートを記すのは避けますが、
ちょっとだけ、ささやかな、いたずらをしました。

許可は、無事下りたようです。

村上氏は、同事件を契機に、「今、生きている世界とは別の世界がすぐそこにあるのではないかという感覚が世界中に広がったように思う」と述べた上、「(米国に)別の大統領がいて、対イラク戦争もない世界が同時進行しているかもしれないという、そんなシュールな感情を書きたくなった」と語った。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000135-yom-soci


これを言うと、絶対理解してもらえないというか、「???」と思われるので、
あまり人には言わないようにしてるけど、

いくつもの世界が存在している。というのは、よく思ったりする。

この村上氏が言うように。

たとえば、タイムマシンができたとして、過去に行くとする。
まだ自分が生まれていない世界にまで行き、
そこで、物騒な話で恐縮だが、父母を殺したとする。

そうしたら、その時点で自分は消えるのか。

そうではなく、
父母がいない世界、自分が生まれない別の世界が続いていくだけだと思う。

世界というのは、常に枝分かれしていて、

自分が、こっちの世界に行っただけ。

そう思うことがある。

サッカーで言えば、2010年ワールドカップは、スペインが優勝したけど、
そうではない世界もあるし、
大方の見方通り、日本が3連敗した世界というのもあるんじゃないかと。

たまたま自分が、こっちの世界に行っただけ。
1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 3

17:18 たまに青春小説が読みたくなるんです。
17:11 パワースポットは、どんな人にでも正のパワーをくれる。そんな甘くはないと思う。
13:42 そろそろ会員限定の記事や有料記事配信に乗り出すか。   なんてな。
Powered by twtr2src

18:40 テレビ番組が楽しみ。って幸せなことだと思う。久しく、そういう経験をしていない。強いて言うなら、モテキか。
18:36 8ヶ月後に、コメントを確認するという不可思議な現象。
17:16 ロジクール の 'ロジクール ロジクール トラックマン ホイール TM-250' を Amazon でチェック! http://amzn.to/aQPhEV
僕の手の形状には合いませんでした。まあ使ってみないと分からんのですが。
16:27 キャサリン・ブラックリッジ (単行本 - Dec 16... の 'ヴァギナ 女性器の文化史' を Amazon でチェック! http://amzn.to/d13owN
いくら研究書とは言え、読めるはずがない。
16:23 @chabin_desuga 退会手続き、しときました。 [in reply to chabin_desuga]
16:18 ゆびとまとか、もういいよ。
Powered by twtr2src

○週明けに提出しているという小1の息子の作文を読んだ。「あさおきて、ごはんをたべました。おひるはラーメンをたべました。かいものにいって、アイスをたべました。よるはカレーをたべました…」。毎週この繰り返しで「〜をたべました」の連続。土日はラーメンとカレーとアイスばかりの貧弱な食生活がバレバレだなぁ…」とため息をついていたら、作文の最後に先生から「よくたべるね。」と、ダメ押しの感想が赤字で書いてありました。

○今をさかのぼる事、×年前の大学入学式でのこと。入学式のパンフレットを見ると、「○○助」という古めかしい名前の教授が7割近くもいるではないか?変な大学に入っちゃったかな〜と心配したが、むしろ「助教授」という地位を知らなかったオレのほうが変な学生だった。(カッシー)

○【へっ?】日本史のテストが返された。友人は「尼」と書くべきところに「尻」と記入していた。友達は「尻なんて書いちゃった、恥ずかしぃ!」と言いながら、赤ペンで「屁」と書き直した。

○友人である寺の副住職さんからクリスマスぱーてぃに誘われました。

○大学のちょっと野蛮な寮にいた友人(オトコ)の罰ゲームは、「ふんどし一丁でコンビニに行き、ストッキングを買って、「あ、袋はいいです、はいて帰りますから」と言って戻ってくる」というものだった。

なんだか癒されたい…と思い、せせらぎの音を録音したCDを買いました。
とっても落ち着くんです、コレ。さっそく母親にも聴かせてあげたら「どこかで水漏れしてるみたいで落ち着かないわ〜」だと。

○小学校1年の次男はひらがなの「ち」がつく言葉の宿題で「ちかん」と書いて提出。とんでもないやつだと思っていたら、友だちのT君は「う」の宿題の時に「うわき」と書いたそうで、その宿題が返された時には「き」に濁点がつけられていたそうです。先生の苦労お察しします。

○中学3年生、受験真っ最中、同級生のT君は今日が初めての試験でした。そしてかなりのあがり症。ペーパーテストはなんとか乗り切り、面接までこぎつけたのですが…。
試験官:「ここの学校を受けることを誰と決めましたか?」
T君:「は、はい!両親と母親です!!」
残念。微妙に母親多すぎる!

16:36 http://www.hanamizuki-movie.com/index.html
映画「未来予想図」が失敗したときのことを思い出す。
Powered by twtr2src

↑このページのトップヘ