移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

2012年10月

結論から言ってしまえば、「分からない」です。

医療的ケアを受ける方は、重心のお子さんが中心になっているように思います。
こうしてほしい、これはイヤだと思っていても、言葉として相手に自分の意思を伝えられない方になります。
介助をする方は、どう思っているか、どう感じているかを言葉として知りたくなります。

そこで、今のところ言葉として意思を伝えられる僕に質問がきて、代弁者としての役割を求められるわけですが、
いつまで経っても分からないです。

障害に限らず、あなたはあなたで、あなたは私ではない。という思いが自分の中に根付いているので、
そうなってしまいます。

たまに、講演やシンポジウムのお知らせで、医療的ケアを受ける当事者さんが名を連ねてることがあります。
たいていの場合、上記のことを求められると思うので、どう答えてるんだろう。と思います。

嫌な言い方になりますが、今後は、そのことを上手く言えた人が求められる存在になるんじゃないかな。と思います。
でもそういう人こそ、胡散臭いと僕は思いますけど。

ここで終わると元も子もないので、ヒント的に言えば・・・

1.気管切開しろ。とは言いませんが、できるだけその人に近づいてみるという手があります。
鼻と口からの吸引なら、看護師等の立ち会いのもと、実際にみんなでしてみる。
これは提案とかではなくて、実際にあります。


2.知りたい人と多くの時間を共有する
たくさんの時間を共有すると分かることってあります。学校の場合、難しいでしょうが。

2012/10/26 16:41:07 @ 【信号】上徳

【信号】上徳にタッチ!

住所:愛知県大府市

2012/10/26 16:50:51 @ ゆき皮フ科クリニック

ゆき皮フ科クリニックにタッチ!

住所:愛知県大府市長草町五ツ屋東144-1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012/10/22 17:16:25 @ バーミヤン 勢子坊店

バーミヤン 勢子坊店にタッチ!

住所:愛知県名古屋市名東区勢子坊3-402-1

2012/10/22 18:01:07 @ 名古屋市障害者スポーツセンター

名古屋市障害者スポーツセンターにタッチ!

住所:愛知県名古屋市名東区勢子坊2-1501

2012/10/22 20:38:51 @ 本郷駅

本郷駅にタッチ!

住所:愛知県

2012/10/22 21:19:04 @ 名古屋駅

名古屋駅にタッチ!

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4

2012/10/22 21:56:11 @ 共和駅

共和駅にタッチ!

住所:愛知県大府市共栄町9-2-15

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年7月に出版された『身体障害者の性活動』(三輪書店)は、「障害者の性」を個別具体的に取り上げる前例のない書籍だ。発行元は、医学書・医学関連書籍を専門に扱う三輪書店。http://www.cyzo.com/2012/10/post_11697.html
身体障害者の性活動

もう無事に出版されたようなので解禁してもいいかな。
実は去年(2011年)、この本への出演依頼がありました。去年はTwitterでエロ&失恋発言ばかりしていたせいか、光栄にも目をつけられました。
編集者の方からメールがあったのですが、この記事に出てくる熊篠さんから紹介があったそうです。
企画書のようなものも出来ていました。

僕の場合、執筆というよりは、巻末の座談会への出席依頼でした。
恋愛や性についてざっくばらんに話してほしい。とのことでした。
正直、全国デビューはしたかったので、チャンスかなと思いました。
でも、恋愛や性について全国発表するのは・・・・・。と思いました。

それぞれの活動について、一人で完結していることならいいのですが、相手があることと現在進行形な事柄もあったので、いろいろと難しいなと思いました。恋愛も性も。

ここ数年はいろいろ経験させてもらっているので、何かのお役に立てたらいいなとは思いましたが、
全国発表は無理でした。

というか最近、「障害者の性」についてわざわざ大々的に取り上げる必要ってあるのか。とさえ思っています。
内輪、地域的なレベルじゃ駄目なのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012/10/18 12:03:38 @ 有松診療所

有松診療所にタッチ! : 吸引指導

住所:愛知県名古屋市緑区有松三丁山926

2012/10/18 13:01:44 @ セブンイレブン 名古屋又八山店

セブンイレブン 名古屋又八山店にタッチ!

住所:愛知県名古屋市緑区桶狭間清水山1312

2012/10/18 13:11:52 @ 共和跨線橋 (JR東海道本線に架かる県道243号線の跨線橋)

共和跨線橋 (JR東海道本線に架かる県道243号線の跨線橋)にタッチ!

住所:愛知県大府市

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

noma01

私事ですが、障害者福祉の雑誌「ノーマライゼーション」10月号に原稿が載りました。
「知り隊おしえ隊」というコーナーの「動けば景色が変わる!〜医療的ケアが必要なボクの愛知・静岡おすすめスポット」という長いタイトルです。
分量は、原稿用紙8枚半!白黒ですが、写真つき。自分にとっては、大作です。
専門誌ですが、全国誌なので念願の?全国デビューをすることができました。

文脈が変わらない程度に、編集の方が添削して下さいました。勉強になりました。
編集後記にもコメント下さっています。

またこのきっかけを与えて下さった、呼ネットの海老原さんにはここで感謝申し上げます。

目次
noma02


しかし、他の方のも読んだのですが今回は(いつも?)硬い内容が多かったので、
若干浮いているというか、良くはないけど頭悪い子みたいに見えます。(笑)

購入方法ですが、書店では買えません。原稿をブログに載せることはできませんので、
もしよろしかったら以下から注文してください。
http://www.normanet.ne.jp/~info/m_norma/

(10月号)
■特集■
新障害者基本計画への期待
 
新計画の在り方の検討と障害者政策委員会(新垣和紀)、新計画の作成と権利条約(川島聡)、現在の計画の総括と新計画への期待(佐藤久夫)【提言】志賀利一(就労支援)、吉川一義(教育)、高橋儀平(まちづくり)、薗部英夫(情報コミュニケ)、水津正紀(重症心身)、小田隆(難病)、安達潤(発達障害)、門川紳一郎(盲ろう)、清水勇人(さいたま市)

【グラビア】
GIVEーANDーTAKE(全盲の武井徹さん)撮影:米山真人
 
【フォーラム】
IPSモデルによる就労支援(コミュネット楽創)(本多俊紀)

【新連載:文学やアートにおける日本の文化史】
第2回 仁木悦子と江戸川乱歩の出会い(中野恵美子)

障害者に限らないことかもしれませんが、この世の中や人生をより良く生きていくための一つの方法として、

自分の応援団を増やしていく

ということが挙げられるのではないでしょうか。
人付き合いが苦手だったり、つながりをたくさん持つのが煩わしい人もいたり、またそう思うときもあります。

無理にする必要はないと思いますが、自分を応援してくれる人、手伝ってくれる人というのを増やしておくという意識は大切なんじゃないかなと思います。

それは、相手(応援団)が仕事としての関わりだとしてもです。

そう思ったのは、数年前に相談支援の人が、「春田さんの応援団が前よりどんどん増えてきましたね」と言われたことからでした。

あたしは、ひまわりのお母さんなのにできないことがいっぱいあります。でも、できるように自分で頑張ります。でも、それでもできなかったら手伝ってもらいます。できないこといっぱいあるけど、みんなに手伝ってもらいます。みんな、一緒。
だいすき!! [DVD]
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まあ当たり前の話だけど、障害者でも金持ちとそうでない人っているんです。
ここ1、2年は、いろいろ障害を持たれる方と交流していました。「障害者」というジャンル分けに疑問もありますがそれはおいといて。

それで見えてきたことは、障害者でも、環境面や経済面で格差って、やっぱりあります。
それは、本人の努力の有無や度合いに限らず。
類は友を呼ぶというのは、あながち間違っていなくて、似たような人が集まっていたりもします。

だからどうしろってことは分かりませんが、社会的な認識としてそういうことも思っていた方がいいんじゃないのかな。とは思います。
そうすると、所得別で金持ちは負担を多くしろ。とか出てきますけど、ここで言ってるのは、そういうことではなくてね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012/10/13 13:38:02 @ ゆき皮フ科クリニック

ゆき皮フ科クリニックにタッチ!

住所:愛知県大府市長草町五ツ屋東144-1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

はんだの山車まつりが5年に1回ということで5年という月日について思っている。

この5年というのは、ここに書ききれないくらいいろんなことがあった。
充実というのか。

2007〜2012なわけだけど、新しい経験やチャレンジというのをすごいしたわけだし、
ブログが続いているというのが驚き(笑)
サイドバーから過去記事は読めますが。

あと僕の妙な死生観ですが、5年後、生きてるのかなぁ?というのはある。
5年前も5年後、生きてる自信がないみたいなことは思ってたと思うけど。

この5年を振り返ると、本当に人生って何が起こるのか分からない。
希望と絶望に満ちあふれている。

でも最近、大体やりたいこと、目標は達成しちゃったから、
そろそろここが天井、山の頂上なんじゃないかなぁ。というのは思うんだよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ