(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

2016年10月

 県は、2011年に福祉政策の方向性を示した「あいち健康福祉ビジョン」(11〜15年度)で掲げた目標の達成度を、自己採点した。

 障害者福祉では、大規模な入所施設に暮らす障害者が、地域のグループホームなどに転居する「地域移行」が進まなかった。
 14年度までに1316人を目標としたが、615人にとどまった。在宅ケアを担う訪問看護師や介護ヘルパーなどの体制が整わず、重症や高齢の人ほど入所施設に残る傾向が浮き彫りになった。
 県医療福祉計画課の担当者は「立派な建物を建てても、働き手がいなければ機能しない。資格があっても働いていない女性看護師らの人材を発掘できれば」と話す。

◎ 重症心身障害児者施設に対する新たな施設運営の実現

× 入所施設から地域生活への移行者を1316人に

× 精神障害で1年未満の入院患者の平均退院率を76%に


http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20161028150830861

「あいち健康福祉ビジョン年次レポート」について
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/iryofukushi/bijon28-01.html

僕の周りでも、人手不足がだいぶん顕著になってきました。
「訪問」は、福祉でも看護でも一番人気がないそうです。
訪問を好む人は、奇特な人扱いだとか。
潜在看護師を発掘できたとしても、訪問看護には、なかなか来ない現状が続くでしょう。

看護師はヘルパーと違って、そこそこ給料はいいそうですが、訪問看護にはそんなに来ないそうです。
ということは、ヘルパーの給料上げても、人は来ないんですかね〜。

前に、看護師の友人・知人が、訪問看護はアウェー感があるからちょっとやりたくない。施設とかならいいけど。と異口同音に言ってました。
その人は、全然できると僕は思ってる人たちだったのですが。

風向きでも変わらない限り、この暗黒は続くのでしょう。

ちなみに、福祉の場合で人が来るとしたら、新規募集、オープニングスタッフ募集とか、
そういう新しい感じが出てるときだそうです。

あ、僕のところで働いてみたいという方は、遠慮なく連絡下さいね。

2007年に、AirMacで家庭内無線LANデビューをしていました。
何とそれから1度たりとも買い替えをしていなかったのです。
他の人に言うと、驚かれます。
だいたい普通、壊れるらしいのですが、9年経ってもまだ壊れる気配がありませんでした。

しかし去年、回線も知多メディアスに変更したし、そろそろ変えるかなと思い、
選定していました。

知多メディアスの回線工事をしたときに、外部のパソコン設定の業者のおじさんが言っていたのですが、
この昔のAirMacは他でも見るけど他製品に比べて電波が強いと思う。個人的には、何か電波のルールを無視しているんじゃないかと思っている。と言っていました。

それは僕も思うことがあって、みんなよく無線LANの電波が弱い、弱いと言うんですが、
一度もそれを感じたことがなかったのです。
ともすれば、無線LANの中継機なんて売ってますよね。
僕は全く必要ありませんでした。

真相は分かりませんが、それでも買い替えようと思って、

なかなかこれといったものがなかったのですが、
地元メーカーでもあるバッファローを第一候補としました。
無線LANルーターって、どれもデザインが、ださださでどうにかならないのかといつも思ってるのですが、

性能はそこそこのモデルを選び、
今回は出来るだけ安く買ってやろうと思い、いろいろ見ていました。

BUFFALO【iphone6S 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション バンドステアリング対応 1GHzデュアルコアCPU搭載 1300+600Mbps WXR-1900DHP2 (利用推奨環境6人・4LDK・3階建)

そしてなぜか、Joshin webがAmazonより安く買えることに気がつきました。
なぜ、ジョーシン!?お前が???という気持ちでした。

割引クーポン投入で、13,380円でした。

Amazonも他のウェブサイトも刻一刻と微妙に値段が変わるので、
どのタイミングがいいか分かりませんでしたが、
2ヶ月くらい経った今でも安く買えたと思っています。

一方、ジョーシンの店舗チラシで、
同製品がAmazonより高く「特価」として売っていたのには、あぶねえと思いました。
同じ店なのに、なかなかなことしてくれます。

それで肝心の使用感ですが、
特別問題なし。その一言に尽きます。

速度測定の結果は、2〜5倍速くなっているのですが、
体感速度としては、「やべえええええ、はええよ。イッちゃうよ、あああ」とは感じないのです。

電波については、これも心配していた弱さはありませんでした。
アンテナの傾きによって、電波の届き方が違うと説明書には書かれていたので、
悩んだのですが杞憂だったようです。

まああとは、耐久性があるかどうかですね。




全然前世、タイプではないのである。
Facebookをやっていると、よく可愛い女の子と思われるプロフィール写真を設定した人から友達リクエストが来る。
私は誰でもウェルカム設定にしてあるので、誰でも送れる。

しかし、インターネット歴が一般人よりも長いであろう私はそう簡単には騙されない。
一瞬にして分かる。

業者だと。
寂れた事務所の一室で、おっさんが真顔でキーボードを叩いている様子が目に浮かぶのである。

私は、ほうっておけばいいものをとりあえず「承認」する。
おっさんへの優しさで。

いや、違う。万が一ということがあるからだ。
万が一、「はるたさん、超タイプなんですけど///」
「めちゃくちゃ興味あるー」「もう我慢できないよー」なんて実在の女の子だったら、どうするのだ。

致命的な取りこぼしである。

しかし、それはほどなくして打ち砕かれる。

65vgor1v0ypcv_500


大体、十中八九こんな感じである。
もはや、この手法はスパムの伝統芸ではないだろうか。
LINEのIDを教えてどうなるか様子を見てもいいが、そこまで時間がないので、
無視する。

Facebook運営には、一応「報告」するのだが、
明らかな規約違反という尻尾を出していないせいか、
審査の結果、問題なしと判定されるのである。
そこがどうも解せない。

そんな感じで、今日も私の秋の夜は更けていく。
非モテという風に吹かれながら。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【大府市民活動センター】
                          メルマガ vol.089(2016/10)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★

このメールマガジン(メルマガ)は、センターにご登録いただいた団体様をはじめ、
各関係者や市民活動団体、ボランティアの皆さんに配信しています。
毎月15日を目処に送信しています。※興味のある方、お知り合いの方への転載・転送大歓迎!

もくじ 1.「コラビア」最新情報
    2.「コラビア」今後の予定
    3.「こらび庵」ランチオープン日
    4.活動支援情報
    5.はるかちゃんのひとりごと
    6.センター概要
∴‥∵‥∴‥∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∵‥∴



■1.「コラビア」最新情報 ■■■

        http://www.medias.ne.jp/~collabia/index.htm

        https://www.facebook.com/collabia/


■2.「コラビア」今後の予定 ■■■


  ★車座集会 「どうしてる?家での親子タイム 絵本タイム」

    日時: 10月 18日(火) 10:00〜12:00

    内容: 親子で過ごす時間は宝物!…さて、みなさんはどうやって過ごしていますか?
         NPO法人「絵本で子育て」センター絵本講師小山内 裕美子さんを招き、
         親子で過ごす時間は宝物との想いから、絵本を味方につけた子育て方法や
         楽しい親子の時間を作っていくきっかけなどのお話を聞きます。

    対象: どなたでも (子ども参加可)

    参加費:100円(茶菓子代として当日集めます)

    定員: 15名(先着順)

    申込: 受付中!!!


     ⇒ ⇒ ⇒  大府市民活動センター【コラビア】

                  電話番号  0562−44−8500





■3.「こらび庵」ランチオープン日 ■■■


  ☆「こらび庵」は月によってオープン日が、変わります♪

     ご来店をお待ちしています♪♪♪

     http://www.medias.ne.jp/~collabia/chefschedule.htm

  ☆「こらび庵」ブログ オープン日に更新しています♪

     http://blog.goo.ne.jp/collabian

     ワンデイシェフの皆さんは、食育・居場所作り・伝統野菜のPR等社会や地域課題を
     テーマに活動しています。また、ここでの活動をキッカケに地域のイベントに参加したり、
     自主講座の開催を行い、市民活動として『地域の元気』を目指しています。

     「こらび庵」は、市民団体同士の交流や、市民活動やボランティアへの理解を深める場を
     提供しています。



■4.活動支援情報 ■■■


  ☆助成金・寄贈を紹介します!(※コラビアは申請の仕方や書き方などの相談窓口もしております)

  ★地域振興支援制度「夢サポート」
     内容 :地域振興や地域活性化につながる新たな活動・事業。
     締切 :11/30(水)
     詳細 :http://www.chitashin.co.jp/about/dream/boshu.html

★生命保険協会「元気シニア応援団体に対する助成活動」
     内容 :高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくりなどの活動。
     締切 :10/31(月)
     詳細 :http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/

  ★一般財団法人セブンイレブン記念財団「環境市民活動助成」
     内容 :環境の保全を図る活動や、緑化植花活動、清掃活動など。
     締切 :11/1(火)〜12/10(土)
     詳細 :http://www.7midori.org/josei/index.html

  ★日本郵便「年賀寄付金による社会貢献事業助成」
     内容 :社会福祉の増進、青少年の健全育成など、10の分野の事業。
     詳細 :11/11(金)
     詳細 :http://www.post.japanpost.jp/kifu/topics/h280831_01.html

★ソフトウェア寄贈
     内容 :ITを活用することで活動をより効果的・効率的に展開できるように
         ソフトウェアなどのIT製品を提供するほかITサポートを行います。
     詳細 :http://www.techsoupjapan.org/about
     問合せ:特定非営利活動法人 日本NPOセンター


  ☆イベント・講座を紹介します!

  ★ボランティアのつどい http://www.medias.ne.jp/~obu-fuku/

     日時:10月22日(土) 13:30〜15:30
     場所:大府市役所地下多目的ホール
     内容:第一部 活動発表(総合ボランティアセンター登録グループ)
        第二部 茶話会
     主催:大府市社会福祉協議会総合ボランティアセンター


■5 はるかちゃんのひとりごと ■■

     すっかり秋ですね。
     急に寒くなり、鼻がむずむずします。
     寒がりなので寒いのは苦手ですが、
     秋はおいしいものがいっぱいなので、楽しみにしています。

     最近、松茸ごはんをいただきました。とってもいい香り〜♪
     この松茸の香り、欧米では嫌われていると聞きました。
     靴下のにおいだと表現されるとか…。びっくり!
     日本では高価で貴重なものも、国によって評価が違うんですね。
     以前テレビで、数の子が食べれずに捨てられている、とも聞きました。
     もったいない!
     虫を食べる国もありますよね。
     食文化の違いって調べてみると面白い!
     虫は見るのも大嫌いなので食べたくないけど、
     旅行先では食べたことないものを食べるのが楽しみの一つです。

     食欲の秋!おいしいものいっぱいいただきます(#^^#)




■6.センター概要 ■■

  ☆利用規約
     http://www.medias.ne.jp/~collabia/kiyaku.htm

  ☆会議室利用状況
     http://npo-aichi.sub.jp/obcc/staff/shisetu/

☆大府市民活動支援サイト
     http://obu.genki365.net/

☆コラビア Facebook
     https://www.facebook.com/collabia

  ☆こらび庵 Facebook
     https://www.facebook.com/collabian


−お願い−
  このメールが複数届いた方は、お手数ですが、必要のないメールアドレスを、
  教えていただきますようお願いいたします。

 ※このメールは登録団体をはじめ、各関係者やボランティアの皆さんに、
 大府市民活動センターの≪最新情報≫をお届けしています。
 配信リストに加えさせていただいておりますが、もし、ご迷惑なら誠にお手数ですが、
 このメールに「返信」で、「本文」に「メルマガ中止」と入力して、ご送信下さい。
 できるだけ早く、配信リストから削除させていただきます。


★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・★☆★・☆★☆・


 大府市民活動センター【コラビア】
 (指定管理者:特定非営利活動法人愛知ネット)

  URL:http://www.medias.ne.jp/~collabia/index.htm
  大府市民活動支援サイト
  URL:http://obu.genki365.net/
  E-mail: collabia@ma.medias.ne.jp
  〒474-0038 大府市森岡町四丁目8番地
  TEL:0562-44-8500  FAX:0562-44-8511

★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・☆★☆・★☆★・

IMG_1753

絵画、立体造形、陶芸、映像、インスタレーションなどなど、国内外で活躍する現代美術作家による、「大府芸術目録/Art_Obulist」第1弾!!

現代アートを間近で見て、肌で感じて、全身で体験しよう!


近所の勤労文化会館(通称:勤文)で開催と新聞で見たときから、
これは行きたいと思っていた。
たまたま外出する用事があったので寄ってみた。

もともとの勤文がデフォルトでアートっぽいのですが、

巨人の椅子!?

入り口入ってすぐにパトカーの布をかぶせた車。これで走ってたり、置いてたら注意されるのかな。
IMG_1758


全体的に展示レベルが高いというか、名古屋市美術館の企画展等で見れるような
現代美術作品があって満足度は高かったです。
よくやったな、大府市という印象。
映像作品もありました。

IMG_1761



IMG_1764


たまたまなのかアーティストさんもいらっしゃって説明してくださいました。


Art_Obulist2016_A3

Art_Obulist2016_A3-2

php_frmId=30842-800x0b1024x768

LTV1150 → トリロジー100plus

8月の第一印象は、そんなにヤバい感じがなかったので少しの設定変更でいけるかと思いましたが、
(始めから吐きづらいなというのは少しあったけど、慣れかなと思っていた)
9月の半ばにガッツリ外出してガッツリ疲れた状態から、いつものように回復せずしんどさがずっと続き、
少し設定を変えるものの、既にHP不足で一旦休憩して、また春頃にしてみることにしました。

夏は一年のうちでも僕は一番調子のいい時期なので、そこでやってみたのですが、
体調の良さで、ある程度カバーしていたようです。

始め、空気が足りないのかなと思って、
吸気圧を上げたりしていたけど、いくつ上げても胸が膨らむだけで、楽になった感がなくて、最終的にLTVと同じに戻しました。
改めてLTVとの比較で、呼気(吐く)をもっとすればいいんじゃないかと思うようになりました。

僕は人よりCo2が溜まりやすいと思うんだけど、(特に寝るときに呼吸が浅くなったり、疲れたときなど。)
どうも新しく関わってくださる人たちはそこを分かってくれない感がある。。
トラウマにもなってるんだけど、最終的に血ガス測定で150になった黒歴史があるから、
とにかく抜いておくに越したことはないと思ってるのよ。
合併症みたいに、胸水が溜まったり、脈拍が異常に早くなったりもしたし 。。

医療的にどうか分からんけど、Co2抜き過ぎたら手が痺れてすぐに分かるから、そこから調整すればいいし。
僕は、Co2抜くために呼吸器使ってるみたいなもんと思ってるし。
でもあんまり強く言うと、じゃ入院してモニターしろってなるだろうからそこは痛い。。。

個人的には、
・トリロジーはLTVより前に使っていた機種に空気が入ってくる優しさのようなものが似ている気がするから、その機種の設定に近い方がいいような気がするんだけどな。
LTVは気管切開寄りで、トリロジーはマスク寄りらしいし。
LTVの前の機種も睡眠時無呼吸の人が使うようなことを言ってたような。

石川悠加さん(1)全国から患者が集まる「駆け込み寺」に

石川悠加さん(2)「天職」に導いた患者たちとの出会い

石川悠加さん(3)「今がいい」と患者が言えるように 理念を合わせてチーム医療

石川悠加さん(4)共に生きる社会に 広げたい世間の理解


まず最初に言っておくことがある。
僕は気管切開をしているが、NPPVについてはとてもいい方法だと思っている。
それで呼吸状態が安定するのなら、それに越したことはない。
気管切開に伴う様々な煩わしさとも言える事柄(たんの吸引、カニューレ交換、ガーゼ交換、声量etc)から解放されるからだ。

もしも僕が気管切開した頃に、今くらいもしくはそれ以上に、NPPVが普及していたら間違いなくNPPVを試してみただろう。
気管切開前の僕だったら、この方法は僕に合っていたと思う。
歴史や人生において、たら・ればを言っていても意味がないと思うが、
あの日、あのとき、あの前など、いろんな場面場面において、こうならなかった世界というのを想像するときもある。

何度か死にかけたが、でも今、無事に生きているので、そこは素直に感謝しないといけないと常々思っている。

そう言うと、気切塞いじゃえば?という向きも出てくるだろうが、
リスクとリターンを考えたときに、圧倒的にリスクの方が高いだろう。
リターンというのも、障害の程度は変わるわけではないので何がリターンなのかというのもある。

抗議文でも送りたいレベル
それはともかく、上記の記事に書いてある気管切開したら、
「若者らしさが失われてしまった」
「1週間くらいでストレスで胃潰瘍になって亡くなった」
「うつ病になってしまった」

事実だとしても、僕からしたら、
この文脈で、そういうことを書くのは止めてくれと言わざるを得ない。
抗議文でも送りたいレベルだ。

これにより、気管切開への偏見が助長されると思うからだ。

僕は、中学生のときに緊急的に気管切開をしたが、
若者らしさというのは、同世代との交流によって出てくるものだと思う。
学校に通えないと、大人とのコミュニケーションが圧倒的に多くなってくる。
気管切開自体が原因なのではなく、環境によるものだと考えている。
何かしらの方法で、同世代との交流が保てれば若者らしさが失われることもないのではないだろうか。

ちょっとしたことによる呼吸状態
車いすのシーティングの善し悪しによって、呼吸状態が変わってくるというのは実感としてとてもよく分かる。

サチュレーション : 春田 康吏のブログ

以前こんなことがあったが、これは車いすの背張りのクッションの一部(左肺のところ)がヘタってきたからだったのだ。

気管切開せざるを得ない状況
進行性の病気により、NPPVが使えなくなり(呼吸状態の悪化)
生きるために気管切開せざるを得なくなった人たちがたくさんいる。
この現状を記事に出てくる石川医師はどう捉えているのだろうか。
自分たちの医療チームにかかれば防げることなのだろうか。

そこを素朴な疑問として知りたいと前から思っている。

↑このページのトップヘ