移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

2016年12月

時間はみな平等じゃなかった?
30歳を過ぎてから、1年があっという間に過ぎていく感覚を覚えます。
ずるずると何かを見過ごしているような、
大事なことをやり忘れているような気にさえなります。
そんなことを話していたら、
40を過ぎたら、もっと早いよと言われました。
どうなっているのでしょう。
時間はみな平等ではなかったのでしょうか。

人間関係で落ち着き、驚いたこと
2016年を振り返ってみるまで気がつかなかったのですが、
今年は、あらゆる人間関係が落ち着いた年のように思えます。
2015年は、どこか自分と合わない感覚、
しっくりこない感覚をいろんなところでよく感じていたのですが、
合わなかったエピソードがほとんど思い出されません。

もちろん去る人もいましたが、来る人というのはそんなにいなくて、
今まで全く期待していなくて、付かず離れずだったような人、
例えるなら補欠からスタメンに入ったような人が、
いい活躍をしてくれたこともありました。

時期がくれば、そういうこともあるようです。
これには驚きました。

友人関係
30歳を過ぎてから、
友人関係でどこかこれでいいのだろうかという思いを持ち始め、
ちょっと付き合いをあえて離してみたところ、逆に関係性が悪くなったことがありました。
相手がどのように感じているかは分かりませんが、
それが修復、おさまるところにおさまった感があります。
いろいろ迷惑をかけておいて言うのもなんですが、縁というのは
勝手に落ち着くところに落ち着くのかもしれません。

今年最終週の29日に身体障害の友人数名と会食をしました。
最近は関係する人の急死が多く、やはり普通の人とは違うから甘くみてはいけないとか、
安否確認の意味も兼ねて会えるときは会おうと話していました。
どこか高齢者の会話みたいですが、他にもくだらない話もできました。
こういうのもいいものだと思いました。

30日には、数年前からの友人に用事で会うことがあって、
今は成長して吸引できる資格があるのですが、
ちょっとやってみる?と聞いたら、自分のやり方を教えつつ、
普通にやってもらえました。
数年前はそんなことはできなくて、本人も無理無理といった感じだったので、
とても感慨深い気持ちになりました。

自分に障害があると周りに支えられているのを強く感じます。
それは表裏一体。
温かくもあり、怖いことでもあるのかもしれません。

障害者差別解消法が施行された年に、相模原障害者施設殺傷事件は起こった
世の中に目を向けるとこんなことがありました。
ほとんどの人が語りたくないでしょう。
特に障害当事者はこのことについて
言うのを避けている傾向にあると思っています。
僕も重過ぎてあんまり言いたくありません。

「明日は我が身」そんな言葉さえ思い浮かびます。

僕は、複合的な要因があると思っています。
大手メディアで報じられていない、
社会や施設での暮らし方にまで、ざわっとしたものを
事件が起きた当初から感じていました。

個人的には、もう一度、
支えの信条を読みたいし読んでほしいと思っています。


※この記事は、2011年に書かれたものの加筆修正版です。

はじめに
いつ契約解除されるか分からない、仕事が無くなるかもしれない。というちょっとした不安はあるのですが、
そろそろ、在宅勤務を始めた経緯について書いてみたいと思います。

大学卒業後の進路
2008年3月に、日本福祉大学通信教育部を卒業しました。
それまでの経緯については、「とりあえず、学校というものが終わって思うこと」をお読みください。

予定通りに事が進んでいたので、2007年春頃から、卒業後の進路について考えていました。
漠然と思ったのは、「仕事がしたい。学校としての勉強は終わりにしたい」ということでした。
そして、どうすれば仕事ができるのか。
いろんな人に話を聞いて事例を集めようと思いました。

人に話を聞いたのは意味がなかった
周りの人、ほとんどに話を聞きました。
わざわざ1対1で会って、話を聞いたりということもしました。
話をしてくれた人には感謝しているのですが、
正直、有益な情報はあまり得られませんでした。
むしろ、厳しいことを言われたことの方が多かったです。

「春田くんの言う仕事とは、どういうことなのか。job? work?」
「このご時世、仕事をもらうなんて、そんな並大抵のことじゃない」
「もっと技術をつけないと!」
「親(自営)に頼ることも必要」

ごもっともな意見だと思いましたが、特別ピンときたことはありませんでした。
それから、もう何をするにせよ、
自分で考えて自分なりの道を進むしかないな。と思いました。

事務職員さんとの再会
しかしそのまま、特に何も決まらないまま、2008年を迎えてしまいました。
卒業式の数ヶ月前、たまたま日本福祉大学関係者のSNSサイト「fuxi」で、
入学したときにお世話になっていた事務員の方とやりとりする機会がありました。
今は、学生の就活支援の仕事をやっておられるということで、
何かあれば相談に乗るよ。ということでした。

僕は、長文で、思いをその事務員さんにぶつけました。

そして、基本的に障害学生もやることは同じ。ということを教わりました。

求職プロフの作成
とりあえず、求職プロフィールを作ってみてと言われて作りました。
文章表現など、何度も添削をしてくださりました。
就活のサイトを参考にしたりもしました。
ゆっくり進めていたので、その年の秋頃に出来上がりました。

あとは、これを発信するだけだけど、
やみくもに発信してもいけないから注意するようにということでした。

僕は早速、リストアップしていた企業やNPOなどにメールを送り始めました。
その企業やNPOでは、
具体的にどのようなことができるのかプラスアルファも書いて送ったりもしました。

結果は……。
良くて、丁寧なお断りの返事が来ればいい方でした。

無視されるというのが、一番つらかったです。
しかもほとんど。
障害者雇用を声高に叫んでいるところでさえ、無視されたこともありました。
それは企業、NPO問わず。

これについては、社会の厳しさを教えられたような気もします。
未だに理解できない部分もあるけど、ご縁がなかったのでしょう。

いったん、求職活動を止めることにした
そして、2009年になります。
2009年は、求職活動をお休みにして、
とよいちで「ぼくうみ」を上映する会の運営に力を注ぎました。
いったん離れて、こちらに力を注げたということは案外良かったかもしれないと、
あとから思いました。

ただ、全く何もしていなかったということはなくて、
知多地域障がい者就業・生活支援センター『ワーク』の人に会って話を聞いてもらったり、
前述のネットで発信しているものをベースに、
簡易版チラシを印刷して宣伝してもらったりしました。

福祉職の人が仕事を斡旋してくれることはない
ワークは、仕事を探してくれる機関ではありません。
対象としている障害種別もちょっと違うかなという感じだったので、
話は聞いてくれる感じでしたが特別な進展はありませんでした。(批判しているわけではありません)

簡易版チラシは、相談支援の人が保健センターや社協の掲示板に貼ってくれたりしました。
これは大きくてありがたいことです。
普通、相談支援の人は仕事に関するお手伝いはしてくれません。

初めての仕事
ぼくうみ上映会が終わって一息ついたころ、
保健センターの掲示板を見たという薬局の社長さんから、
ホームページを作ってくれないかと問い合わせがありました。
ずっと何もなかったので、まさかという感じでした。
半信半疑でしたが、しばらくメールでやりとりを続けて、
本当だということが分かりました。

そして作ったのが、

えむわん薬局
http://www.emuwan.com/
でした。

ホームページ制作経験は乏しかったのですが、全力で作りました。
ネット上でやりとりさせてもらっていた本職のウェブデザイナーさんに、
少し聞いたりして無料でアドバイスもいただきました。
感謝です。

えむわん薬局の社長さんからは、他にもできる仕事はあるよ。とおっしゃっていただきました。
他の仕事もというときに就職が決まったので、ストップしてしまいましたが、
このご縁をこれからも大切にしていきたいと思います。

駄目もとの大切さ
えむわん薬局のホームページ制作が終わったらまた仕事が無くなるので、
求職プロフィールの発信は続けていました。
あるとき、大学在籍当時、お世話になった先生のブログで、
教材の作成やチェックをする人を探しているという記事を見かけました。
勤務地は美浜と書いてありましたが、駄目もとでメールしてみました。
在宅でできないかと。

これまで通り、普通に断られると思っていました。
しかし、具体的にどのようなことができるのか。というような今までにはなかった新しい返事が、
担当の方から返ってきました。
試しに、この作業が何分でできるのか。というようなこともやってみました。

話は、とんとん拍子に進みます。
実際の業務は大学ではなく、
関連会社の株式会社エヌ・エフ・ユーが行っているということでした。
会社で会議をして、担当の方が訪問してもらえることになりました。

そこで、会社としても障害者雇用をしていきたいので、
ハローワークを通してもらえないかと言われました。

自宅面接
会社の担当の方(障害者雇用担当と実際の業務担当)2名に会いました。
何度か働く意志があるか確認されました。
今思えば、あれは面接だったのかもしれません。
僕は、普通に素直にいつもの感じで答えてました。
もちろん働く意志はあるけど、
初めてのことなので体調によりけりということを。

そして、ハローワークを通してもらえないかと言われたことで、
今まで(えむわん薬局のとき)とは違うぞ。と感じました。
でも、世の中のことをあまり知らなかったので、
面倒だなぁと思いつつ進めることにしました。
今思えば、贅沢極まりありません。

初めてのハローワーク
ハローワークを通すことで、
会社の方は、知多地域障がい者就業・生活支援センター『ワーク』に相談していました。
在宅勤務の障害者雇用はこれからというような感じだったので、
多少の不安のようなものはあったようでした。

それで手続きをするために僕自身が、
ハローワークに行って手続きをしなければいけないということになりました。
わざわざ行くのも嫌だな。と何となく思っていたら、
ハローワークの担当者が直接自宅訪問してくれることになりました。

本来、ハローワークが仕事を紹介→就職という形なので順番が逆です。
そこはあまり強調せずに、みんなで進めていきました。

ハローワークの担当の方は、以前は普通の会社で営業をしていたので、
自宅訪問することは個人的には苦ではない。
来れないのだったら、行くわというスタンスだったそうです。
しかし、自宅訪問するということを同僚に話したら、
「なんで???」と言われたそうです。
そういうところも、民間とお役所の違いなのかもしれません。

れっきとした就職です。
それで自宅で手続きをしている最中、
いろいろ障害者雇用制度について説明されて、
在宅勤務で就職するのは、この刈谷管轄内ではあなたが初めて。
もちろんそういう求人票もありません。
現状、そういう在宅勤務のことを会社に言うと、
「はぁ?意味が分からない」そういうレベルです。と言われました。

それで、
「ハローワークを通してるので、れっきとした就職です。おめでとうございます」と言われました。

奇跡は起こる。ときどきだけどね。
ここで、なんかすんごいことが起きているということに気がつきました。
気づくの遅っ!
幸運ってそういうものなのでしょうか。

それから、会社の方と雇用契約を結びました。
雇用契約を結んでから、
きちんとした履歴書を出してくれという何とも滑稽なこともしました。
有給休暇もあります。

3か月は、トライアル雇用期間というものでした。
具体的な制度内容については各自調べて下さい。
それも無事終了。

仕事内容は今のところ、オンデマンド教材のチェック(校正作業)を中心に、
福祉用具カタログの電子化をたまにやらせてもらっています。

これだけで食べてはいけないし、
税金を払えるほど稼いでいませんが、とても満足しています。
自分で稼いだお金で、物が買えたり寄付ができたりすると、
すごくうれしいです。

さらに、障害者年金と少しの貯金を合わせれば、
経済的に自力でやっていけるかな。と思っています。


関連記事:

テレビドラマを3ヶ月最後まで観ることは、あまりない。
僕の場合、何となく面白そうだと思って観ても、3話、4話までが限界もしくは、
最終回まで惰性(自動録画で)で観る程度だ。

そんな中で、久しぶりに初回から最終回まで楽しみにしていたドラマが出てきた。

逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
TCエンタテインメント (2017-03-29)
売り上げランキング: 12


個人的には、結婚しない以来じゃないだろうか。
まぁこれは大してヒットしなかったようだけど。

逃げ恥も全く期待しないで、ガッキー(新垣結衣)と星野源かと思って、
何となく観た程度だったのに、
初めて、あれ?ガッキー可愛くない?こんなに可愛かったっけ。と思いつつ、
ずるずる気がついたら毎週楽しみにしている自分(32)がいた。
いつの間にか32のおっさんが、ムズキュンしているという気持ち悪い図が出来上がっていた。

考えてみれば、どうやら僕は非モテキャラが出てくるドラマがわりと好きだ。
モテキも結構はまった。
大体そういうドラマでは、非モテの語りがあるのだが、
考え方がものすごく分かるー!そうそう!となってしまうのだ。



話を戻して、星野源はわりと前から好きな方だ。
しかし彼が女性にモテる理由はいまいち、いまに、いまさんくらい、よく分からない。
だって、イケメンじゃないんだもの。
「ポスト福山雅治」とかバカヤローと思ってしまった。
顔レベルだけで言えば、星野源だったら僕でも張り合えるはずだ。

「恋」だって、発売されたときの宣伝で聴いたけど、ヒットするとは思わなかった。
彼の代表曲に「SUN」という曲があるが、
正直これと同等もしくはそれ以上の曲は出てこないだろうと思っていた。

恋 (通常盤)
恋 (通常盤)
posted with amazlet at 16.12.21
星野 源
ビクターエンタテインメント (2016-10-05)
売り上げランキング: 13


YELLOW DANCER (初回限定盤A)
星野 源
ビクターエンタテインメント (2015-12-02)
売り上げランキング: 1,717


でも、星野源はそこそこ好きだし、彼のエッセイもそのうち読んでみたいと思っている。

ここ5年で出会いがありそうなところには出来るだけ行くようにしていた。
しかしそろそろ考えなくてはいけない時期にきているようにも思う。
その場限りの楽しさではなく、その後につながる出会いがほしいところ。
それはどういう場所か。
ちなみに、個人的な経験に基づくものなので他の人には当てはまらないことが多々あると思う。

参加者が多人数でガチャガチャしてる場合、そこで連絡先交換までいけるのはほぼゼロである。
個人対個人のまともな会話ですらできないことがある。

連絡先交換してその後も交流が続く可能性があるのは、少人数の勉強会であったり、
ちょっとした交流会である。自分に発言のチャンスが与えられてるとなおいい。
少人数であることは重要かなと思う。
なぜなら、話す人が限られてくるので、非モテの僕でも話せる確率が上がってくるのだ。
1対1で「話せる確率」というのは、とても大事。
大人数だと、どうしても調子のいいだけのムードメーカーに全部持っていかれる。
そうなると非モテの僕が入る余地はなく、今すぐ帰りたいと思ってしまう。
何なら通りに出て車にひかれて死にたいとさえ思ってしまうこともある。

第2段階として、話せたとしても、自分の名刺を渡しただけでは何もつながらない。
今まで向こうから連絡取ってきた人はゼロ。個人情報を提供しただけで終わる。
「あとから連絡しますね」と言っていた人でさえ、連絡してきたためしがない。

つまり、何らかの相手の情報を知っておかないとその後には続かない。
そういった意味でのFacebookは、とても有効なツールだと思う。
あまり投稿してなくてもROMだけの人もいる。
気になれば、ちょっとした情報からメッセージして何となく話を広げていくこともできる。

そしてそのまま、「2人でご飯でもいきましょう。」
「ここに遊びに行きましょう」というのがやりやすい。
サシで話せるというのが僕は一番いい。

とまあ、僕がブログに書けるのはここまでである。
ここから先は手探り状態というか、
一生分からないままで終わってしまうんじゃないだろうかという一抹の不安さえよぎる。

そもそも女性からいわゆる「脈あり」を感じたことが一度も無い。
脈が無ければあるように持っていけばいいという向きもあろうが、
「口説く」というスキルが全く分からない。

「誠実に対応する」「小さな約束もきちんと守る」
僕はわりとこういうことを心がけているが、
ビジネスでは有効だろうことでも、女性とは何の意味も成さないようである。

本当の脈も取りにくい体質。体も心も脈が無い。

無駄に情報を持ってたりするので、
ときどき女性から「搾取」されてるだけなんじゃないだろうかと思うこともある。

既婚女性の友人に、これまでのことを話していたら、
「ちょっと失恋経験が多いな」と言われる始末である。

恋愛成功体験が無いから、どんどん心が腐っていくし、
卑屈になっていく自分も最近では感じるのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【大府市民活動センター】
                          メルマガ vol.091(2016/12)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★

このメールマガジン(メルマガ)は、センターにご登録いただいた団体様をはじめ、
各関係者や市民活動団体、ボランティアの皆さんに配信しています。
毎月15日を目処に送信しています。※興味のある方、お知り合いの方への転載・転送大歓迎!



もくじ □.重要 大府市民活動支援サイトのメンテナンスについて
    □.年末年始休館日
    1.「コラビア」最新情報
    2.「コラビア」今後の予定
    3.「こらび庵」ランチオープン日
    4.活動支援情報
    5.もうさんのひとりごと
    6.センター概要
∴‥∵‥∴‥∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∵‥∴

□重要 大府市民活動支援サイトのメンテナンスについて

【12/19〜20】大府市民活動支援サイトにログインいただけません。

 12月19日(月)17:00 〜 12月20日(火)17:00(24時間です)

 新サーバーへの移行の為、サイトへのログインができません。
 その為、情報の登録・更新・承認や各種管理作業ができなくなります。
 ご不便をお掛けしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ※直前での操作がこの時間にかかった場合、情報や操作が無効となりますのでご注意ください。
 ※上記期間中もサイトの閲覧は問題ありません。
 ※移行後はIPアドレスが変更になります。
※なお、新サーバーへ移行後、ID・パスワードの変更が可能など、機能の追加や変更が
  ございます。詳しくはコラビアスタッフまでお問い合わせください。

□年末年始休館日とそれに伴う会議室予約開始日のお知らせ

 ※12/28(水)〜1/4(水)は、年末年始のため休館になります。
 ※3月の会議室予約は、1/5(木)より開始します。


■1.「コラビア」最新情報 ■■■

        http://www.medias.ne.jp/~collabia/index.htm

        https://www.facebook.com/collabia/


■2.「コラビア」今後の予定 ■■■

   ★コラビア交流会 〜Cafe語らっテ〜

    日 時:1月22日(日) 9:30〜12:30
    内 容:何かをはじめたいと思っている人、活動を広げたいと思っている人、活動のヒントが
        欲しい人、いろいろな分野で活動する人と交流しながら、楽しくわいわいおしゃべり
        しませんか。
    対 象:コラビア登録団体、市民、自治区・コミュニティ、企業、行政
    参加費:100円(ケーキ代として)
    申 込:12月27日(火)までに、電話または直接コラビアへ
        所定の用紙に記入します。


  ★市民活動のためのパワーポイントを使ったスライドショー基本作成講座

    日 時:2月4日(土)10:00〜12:00
    内 容:スライドショーとは、パソコンのプレゼンテーションソフトなどを使って
        複数の資料や画像を連続的に表示させていく機能です。この機能を使って、
        団体活動を効果的にPRしてみませんか?まずは、スライドショー作成や
        プレゼンテーションにも活用できるパワーポイントの基本操作を覚えましょう。
    対 象:コラビア登録団体
    参加費:100円(茶菓子代として)
    持ち物:パワーポイントが入ったノートパソコン(先着1名貸出あり)
    定 員:15名(先着順)
    申込 :受付中


    ⇒ ⇒ ⇒  大府市民活動センター【コラビア】

                  電話番号  0562−44−8500



■3.「こらび庵」ランチオープン日 ■■■


  ☆「こらび庵」は月によってオープン日が、変わります♪

     ご来店をお待ちしています♪♪♪

     http://www.medias.ne.jp/~collabia/chefschedule.htm

  ☆「こらび庵」ブログ オープン日に更新しています♪

     http://blog.goo.ne.jp/collabian

     ワンデイシェフの皆さんは、食育・居場所作り・伝統野菜のPR等社会や地域課題を
     テーマに活動しています。また、ここでの活動をキッカケに地域のイベントに参加したり、
     自主講座の開催を行い、市民活動として『地域の元気』を目指しています。

     「こらび庵」は、市民団体同士の交流や、市民活動やボランティアへの理解を深める場を
     提供しています。



■4.活動支援情報 ■■■


  ☆助成金を紹介します!(※コラビアでは申請の仕方や書き方などの相談窓口もしております)

  ★「あいち・なごや 子どもとつくる基金」説明会
     内容 :深刻化する子どもの問題解決に挑む市民公益活動団体を応援。
     詳細 :http://aichi-community.jp/news/18630

★コープあいち「福祉基金」
     内容 :地域福祉、街づくりを充実させ、地域の様々なネットワークが広がることをめざし、
         自主的・継続的あるいは創造的な活動をする、始めようとする団体
     締切 :2月10日(金)
     詳細 :http://www.coop-aichi.jp/activity/fukushi-kikin/


  ☆イベント・講座・ボランティア募集などを紹介します!

  ★画家小林憲明絵画展「ダキシメルオモイ展」
     日時 :12/24(土)11時〜18時、12/25(日)10時〜16時
     内容 :東日本大震災をきっかけに、麻布に描かれた親子の姿。「オモイ」あふれる、感じる絵画展。
     主催 :3.11を忘れない大府実行委員会、おおぶ文化交流の杜図書館
         https://library.allobu.jp/csp/c1/OPW/OPWNEWS.CSP?SID=AEtvU89mDP_b7bW7nPXtl_i1VpTgoosbBpwtk5qJOKA7&PID=OPWNEWSLIST&DB=LIB&MODE=1&LIB=&TKAN=ALL&CLASS=ALL&IDNO=100259


    ★ブラジル人工業高校生の学習支援の方募集
     内容 :工業高校に通うブラジル人が学校の勉強についていけず困っています。
         専門科目を教えてくださる人を募集しています。
         他に、ブラジル人高校生2名、中学卒業生1名、
         インドネシア人中学3年生1名が勉強しています。
     団体 :地域多文化ネット「WKY」
     詳細 :http://obu.genki365.net/gnko04/pub/sheet.php?id=51080

  ★平成29年度 新講座の企画募集
     内容 :ー然に関する体験や、学習できる内容
         二ツ池公園の自然を活かして遊んだり、運動したりする内容
     締切 :H29/1/9(月)必着
     主催 :大府市自然体験学習施設 二ツ池セレトナ
     詳細 :http://obu.genki365.net/gnko04/pub/sheet.php?id=51080



■5 もうさんのひとりごと ■■

     大府の市民活動の最終目的は「みんな輝き幸せ感じる健康都市」を
     築くことだと思います。

     多様な価値観を持つ市民の一人ひとりが輝くためには、個々に独立しつつ
     互いの違いを認め合い助け合うことが大切です。

     一人ひとりの価値観はどのようにして形成されるのでしょうか?
     ある人によれば、以下の3つが大きく影響すると言っています。
     一つ目は、両親から流れ込む価値観や生き方
     二つ目は、地域・業界から流れ込む前提や慣習
     三つ目は、時代から流れ込む常識や価値観

     親が違い育った地域・業界も異なり、時代も差がある。そこで体験して
     築く価値観はひとつにはなりません。
     また、ひとりの人が体験できる範囲は、狭いものですし、その価値観が
     絶対に正しいとは言えません。

     お互いの価値観に固執することなく、いろいろな見方・考え方があることを
     素直に認めあうことが、「みんな輝く」ことの第一歩ではないでしょうか?



■6.センター概要 ■■

  ☆利用規約
     http://www.medias.ne.jp/~collabia/kiyaku.htm

  ☆会議室利用状況
     http://npo-aichi.sub.jp/obcc/staff/shisetu/

☆大府市民活動支援サイト
     http://obu.genki365.net/

☆コラビア Facebook
     https://www.facebook.com/collabia

  ☆こらび庵 Facebook
     https://www.facebook.com/collabian


−お願い−
  このメールが複数届いた方は、お手数ですが、必要のないメールアドレスを、
  教えていただきますようお願いいたします。

 ※このメールは登録団体をはじめ、各関係者やボランティアの皆さんに、
 大府市民活動センターの≪最新情報≫をお届けしています。
 配信リストに加えさせていただいておりますが、もし、ご迷惑なら誠にお手数ですが、
 このメールに「返信」で、「本文」に「メルマガ中止」と入力して、ご送信下さい。
 できるだけ早く、配信リストから削除させていただきます。


★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・★☆★・☆★☆・


 大府市民活動センター【コラビア】
 (指定管理者:特定非営利活動法人愛知ネット)

  URL:http://www.medias.ne.jp/~collabia/index.htm
  大府市民活動支援サイト
  URL:http://obu.genki365.net/
  E-mail: collabia@ma.medias.ne.jp
  〒474-0038 大府市森岡町四丁目8番地
  TEL:0562-44-8500  FAX:0562-44-8511

★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・★☆★・☆★☆・☆★☆・★☆★・
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕は、絵が描ける人と作曲ができる人というのは尊敬している。

どちらも僕にはできないからだ。
ちょっとした絵にしても、作曲にしてもどうすればいいのか全く分からない。
学校の美術や音楽の時間、何をしていたのだろう。
どちらも著しく成績が悪かったということもなかったと思うのだが……。

ずっと前から、インターネットで使うオリジナルのアイコンが欲しいなと思っていた。
どこか街中にいる似顔絵師でも探して、描いてもらおうかなと思っていたくらいだ。
しかしその案件は、僕の中の上位に上がってくることなく、ここまできてしまったわけだけど、
つい先月に、そうだ。友達に頼んでみようと急に思いついた。

頼むなら、ななちゃん。1択だった。
早速、LINEしてお願いしてみる。

僕が気に入るのが描けるか分からないけど、OKとのことだった。
Facebookの僕の写真を凝視してくれて、描いてくれた。

いろいろ注文つけて、相談して、細かいところまでこだわってくれて出来上がった。

20161203_223227


あまりにも僕の特徴を捉えていて、初めて見たときは少し恥ずかしくなった。

このアイコンは、年明けにどどんと公開する予定だったけど、
ななちゃんが、岐阜市の「障がいの理解啓発パンフレット表紙イラストコンテスト」に応募した作品が最優秀賞に選ばれたそうなので、こちらももう公開しようと思います。



頼んで良かった〜。俺、先見の明があるわ〜と思いました。
この作品は、多様性が描かれていて、他の作品を見ていないけれど、
もうこれ選ぶ以外にあるんだろうかと個人的には思います。
ななちゃんが描く絵には愛が溢れている。
この絵をじっと見ていると、目から汗が出てくるのはどうしてだろう。

スマホゲームとSNSに追われて、なかなか本が読めていない2016年です。
でも、自分にしっくりくる本に出会うと、本っていいなぁと思います。

僕はスマホゲームやSNSは、夢中になってるわりには、
心に残らない、あまり思い出にならない傾向があります。

その点、感動した本や面白いと思った本は、心に刻み込まれるかなと思います。
そんな今年(2016年)読んだ本の中で、一番かなと思ったのがこちら。

人質の朗読会 (中公文庫)
中央公論新社 (2014-04-04)
売り上げランキング: 49,161


人質さんたちが、一人ずつ自分が書いた作文を読んでいきます。
その文が、とても真摯なんですね。人質になって緊迫しているにも関わらず。

人物が違うのにみんな似たような文体やストーリーということもありましたが、
もともと小川洋子作品が好きということもあり、ほとんどツボに入りました。
どこか村上春樹の文章に似てる気がするのは気のせいでしょうか。

僕も何か書きたいなと思わさせられます。

しかし、どうして朗読会をさせられていたのかは闇の中です。

20161215【食】UCC様コラボ企画チラシ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
Amazonプライムに入会してしまったので、
Amazonプライムビデオでの映画、ドラマ、アニメ視聴がはかどっています。
目の疲れとの戦いでもあるのですが……。



淡々と四季の田舎暮らしを綺麗な映像とナレーションで追っていくだけの映画。

「農作業 → 収穫 → 料理 → 食べる」

基本、これの繰り返し。
もう少し自分が若かったら、退屈な映画で片付けてしまったと思うが、
いち子(橋本愛)の手際の良さ、癒される映像で一気に観れる。
橋本愛自身は、よくこの仕事を受けたなと思ったりもした。

小森(劇中の村?)に住んでいる高齢者の人たちは、
こういう若い子たちに住んでほしいと思ったりするのかもしれないが、
田舎暮らしを賛辞もしていないし、過度にきついという印象を伝えた映画でもない。
そこがいいのだ。

あるのは、ただただ生きるための日常生活である。


リトル・フォレスト 夏・秋
(2014-12-17)
売り上げランキング: 59,095



リトル・フォレスト 冬・春
(2015-06-24)
売り上げランキング: 68,224


参考リンク→リトル・フォレスト - 当てにならない映画メモ

ミドリ介護タクシー
片道3450円

うるとら福祉ダブルサポート
片道3100円

↑このページのトップヘ