(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

2017年03月

10年来くらい、主に3つくらい福祉課にしつこく要望してたことがありました。
あの手この手で。
トラブルもありましたし。
それでも変わらなかったので、駄目だなと諦めていたのですが、
ここ1年くらいで一気にこれまでの要望が通り、制度変更がありました。

どうしてしまったのでしょう。
何ということでしょう。

もはや、無双です。
秘技:無双忖度と名付けましょう。

市役所(シヤクソ)とか言ってた自分を殴ってもらっていいくらいです。

心が叫びたがってるんだ。
大府市に住んでて良かった。

確かに人事異動はありますが、彼らに何が起きたのでしょう。
それまでの対応から考えると、気は確かなんでしょうか。と良いことなのに思ってしまいます。
去年、市長が変わりましたが、前市長の後釜なので関係あるのかどうか。
関係あるとしたら菓子折りでも持っていきますよ。

世の中には、もう更新されなくなったブログが星の数ほどある。
理由は、
・投稿者が亡くなった
・パスワードが分からなくなった
・飽きた
そんなところだろう。

それを見た閲覧者は、決まってこう言うだろう。

「ここで更新が途絶えている」と。

投稿者としては、本意ではないかもしれないが、
更新が途絶えている最後の記事が、
どこか投稿者そのもの。
すべてを物語っていると捉えることもできる。

僕は、今、寝込んでいる。
昨日書いた記事が、グラビアアイドルに関するものだった。

正直、ここで更新が途絶えているとなりたくない。

僕をよく知っている何人かは、こう言うだろう。

「実に、春田さんらしい」と。

それを避けるために、発熱あり、鼻づまり、喉痛でも力を振り絞ってスマホで書いている。

最後の記事は、後世に残る名言記事でありたいものである。







グラビアは、いかにして非日常なシチュエーションを作るかによっても、
善し悪しが変わってくるというのがぼくの持論である。

それの究極が、雪の中での水着ではないだろうか。
雪中ビキニと言うときもある。

始めにやった人は知らないが、
昔からやられている古典的シチュエーションと言えば古典的ではある。

がしかし、誰にでもやれることではなく、
インパクト、破壊力はこれ以上はないのではないだろうか。

発注する人も発注する人である。
どこか頭のネジ1本取れてないと、やってくれとはなかなか言えない。
場合によっては、違法性は無いが不適切な注文と取られる場合だってある。

スタッフ側だったら、可哀想過ぎて発注もできないし、
カメラマンだとしても落ち着いて撮れない。
早くしてあげないとという気持ちばかりが先走ってしまうだろう。

それでもぼくは、グラドルの雪の中での水着写真を観るのが結構好きだったりする。











電気製品に囲まれて暮らしている身体障害者に
無くてはならないもの。

それは、延長電源タップである。

いや、別に障害者でなくとも、延長タップなしで生活している人はいるのだろうか。
ミニマリストなら無くてもいいのだろうが。

これまで様々な機能が付いた延長電源タップを見てきた。

関連記事:【電源タップ&家電のまとめ 2016/12/13放送】マツコの知らない世界

スイッチ付きは、長年使ってきた。
しかし、結論。

スイッチ、いらない。

スイッチをオフにする機会が無かったのだ。
むしろ誤ってオフにしてしまい、ストレスが溜まることの方が多かった。

そこで見つけたのが、こちら。


最低でも6個口は欲しい。
そしてこの普通さ。シンプルさ。
ぼくは必ずしも、シンプル イズ ベストだとは思っていないが、
延長電源タップに関しては、これが一番良かった。

女優・モデルの杉本有美(27)が入籍したことをブログで発表した。相手は、4歳年下の会社員男性で、この1年ほど交際をしていたのだという。
杉本有美が4歳年下会社員男性との入籍を発表


僕は、基本的に芸能人の結婚や離婚のニュースってどうでも良くて、
ファンの芸能人が結婚しても動じない精神を持っているものだと思っていた。

しかし有美さんの結婚には、
正直、とても驚いた。




猫を飼っている人、夢中になっている人は、
婚期が遅れるという何の根拠もない話を心のどこかで信じていた。

それなので、不意打ちだった…。
誰の結婚の発表でも、それは不意打ちなんだろうけど。

でも、2016年はファンの人だったら分かる
いくつかの伏線ニュースはあったのだ。
それを心のどこかで打ち消していた。
何かはここでは書かないけど。

そして僕は、なぜだか力が抜けていた。
俗に言う有美ロスになっていた。

○○ロスなんて、
くだらねえと思ってたのに。
ましゃロスとかウケるんですけどwwwって思ってた。
それがどうしたことか、
しばらく力が入らなかった。

有美さんは母性愛が強い感じだと思っていたから、
年下が良かったのかな。

どうして芸能人の結婚に動じないはずの僕が、
って思ったけど、
やっぱり、2回会って親切にされたのが大きいかなと
自分で思った。

関連記事:
1.yumi-mono-chrome Osaka 松田忠雄 × 杉本有美に行ってきた話。
2.杉本有美 ~Seven Colors 第二章~ トレーディングカード BOX発売記念握手会

さすがに、どうにかなるとは思ってなかったけど、
夢は見たいしね。

ファンの間では、祝福のコメントが多かったけど、
既婚者ファンはすぐに心から祝福できるのかなと思った。
中には、裏切られた。全部捨てるとするコメントもあった。
単価が高い商売もしていたので、それだけ付加価値はあったのだけれど、
そう思うファンを僕は否定はしない。

でも、僕は裏切られたとは思わないし捨てもしない。




これから、女優で活躍してくれればいいけど、
現状なかなか難しいんじゃないかなと思う。

個人的には、地元の大阪で、
何か別の仕事してもいいんじゃないかとも思ったりする。
どんな仕事でも、人と接する仕事が向いてるだろうけど。

と、これはいちファンのただの独白である。



前々から知ってはいたが、きちんと見たのは初めて。



ファミコン、スーファミ世代なので、懐かしい感じがして面白かった。

昔のゲームって、えげつなかったよなと思った。
マイティボンジャックは知らなかったけど、
年上の知り合いは、当時やっていたとのこと。
全クリは出来なかったらしいけど。

有野さんは正直、上手いとも思えないが、
やる気と根性があるからクリアできるのかな。

マリオとかロックマンとか自分がやったことのあるゲームの回を観たいね。



2011年購入のMac miniを使っているのですが、
内蔵ドライブが付いています。

ずっと問題なく、CDをiTunesに入れていたのですが、
ここ1年くらい読み込みが遅くなったなと感じていました。
ディスクユーティリティで修復しても何をしても変わりませんでした。
一度、まっさらにしてやると変わるかもしれませんが、
やる気がありません。

どうせ新しいMac miniを買うと、内蔵ドライブが搭載していないので、
USBのものを購入しておこうと思いました。



ノートPCの側に置くことを想定しているためか、
ケーブルが短いのと
USB電源供給されていないとトレイが開けられないのが難点
です。

肝心の動作は、サクサク動いてくれました。
一瞬、電力不足の赤ランプが付くこともありますが、
基本的にそのまま一本でいけます。

祖母の退院後の生活の話をするために両親が病院に行ったのですが、
いると思っていたケアマネがおらず、医療職だけで無駄足になってしまいました。

医療的にはもう退院できるレベルで病院的には早く出て行ってくれといった感じですが、
そのまま放り出されても困るレベルなので、そこは福祉が積極的に動いてくれないと困ります。

ケアマネには、すべて家族の希望は伝えてあり了承を得ています。

病院への出入りがあるケアマネだったので話は、いっていると思っていたのですが、医師にも看護師にも全く伝わっていませんでした。

祖母自身は、困難事例(あまり好きではない言葉ですが)とかでもないと思うのですが、
医療と福祉の連携、多職種連携なんて理想論なのかと思わざるを得ない出来事でした。


なぜか昔からよく「一人っ子」と思われます。
一人っ子でしょ?と。
そこには、あまりいいニュアンスは含まれていないようにも思えます。
どうしてそう思われやすいのかは分かりませんが、
ぼくには、3つ下の弟がいます。
同じAB型の牡羊座なのですが、性格も職種も運勢も全く違うように思っています。

家に来ている人の中には、なぜか弟のことを「お兄ちゃん」と思われたりもします。
弟はどちらかと言えば童顔なので、そこもよく分かりません。

中でも一番驚いたのは、一人親家庭でしょ。というものです。
昔から、両親のどちらとも性格が違うと思っているので、
20歳になるまで養子になってるんじゃないかと思っていたほどです。

一人親家庭にしても、養子にしても、
どの部分を切り取ってそう思うのか全く分からないのですが、
自分も含めて人はいろんな勝手な想像をするものだなと思いました。


どうしてぼくに相談してくれたのか分からないのですが、
オムツについて聞かれました。
聞いてみると、介助者の空白ができてしまうので、
そのときにオムツを装着するしかないがどうしたもんかといった内容でした。

ぼくは今のところ、オムツ経験ほぼゼロです。
するときは、病的な下痢でヤバくなったときくらいです。
尿に関しても、昔から遠い方なのでそれほど考えたことはありませんでした。

どうしようかなと思っていたとき、
思い出したことがありました。

コンドーム型カテーテルは外付け尿道カテーテルとも呼び、コンドームから生まれた採尿器です。 欧米では男性の収尿器として大変普及していますが、先進国の中では日本は非常に遅れています。
原因として健康保険の対象外商品であること、 医療現場での利便性から留置カテーテルが選択されていることが考えらます。
http://uric30.com/


これを愛用してる方がいたのです。
自分が使ったことないのでどうしようかと思いましたが、
参考程度に紹介させていただきました。

オムツ以外の道もあるのかもしれません。

↑このページのトップヘ