春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

2017年06月

Twitterに登録しなくても閲覧することは可能です。
まだ始まったばかりのアカウントもあるので、
どのように運用されるのかは未知数なところもあります。


災害や緊急情報のときに活用されることが期待されます。



おおぶ文化交流の杜 allobuとしては、当初からアカウントがありましたが、
図書館単体でのアカウントができたようです。
分ける必要があるのか疑問ですが、1位キープのためにも情報発信に期待したいところです。
しかし、アカウント名が意味不明なのとサイトで発表されていないことから、本当に公式なのか半信半疑です。


以下は大府市議として、インターネットによる情報発信を積極的に行っておられる方です。
市議には、地域の情報提供の役割もあるのかなと思ったりしています。



生まれて半年くらいになる甥っ子がいる。
彼は生まれたときから、病院のスタッフから、
「この子は足が強い」と言われたそうだ。
1ヶ月健診で、股関節の開きが悪いと言われたぼくとは大違いである。

確かに彼はずっと足を動かしている。
手の動きより足の動きの方が多い。

赤ちゃんというのはそういうものなのかどうかは知らないが、
まるで、ぼくの足のぶんまで持っていったかのような元気ぶりである。

私が撮る写真のモデル(プロ・アマ・年齢・障害の有無問わず)を募集しています。
少しでも興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。

メール

【参考作品】
春田康吏 作品集
A ray of light
写真集「木漏れ日TSURUMA」

【よくある質問】
質問:撮影料金は、いくらですか?
回答:私はプロではありません。よって、撮影料は無料です。
交通費、場所代などは相談させてください。


質問:撮影した写真はどうなりますか?
回答:ご要望があれば、データとしてお渡しすることは可能です。
撮影者自身の作品として、加工編集後に発表したいとも思っていますが、
モデルの方の希望が優先されます。


質問:撮影場所は?
回答:基本的には、愛知県内です。屋外、屋内は問いません。
私が日帰りで行ける範囲内にさせてもらっています。


質問:撮影の衣装やメイクは?
回答:衣装については、基本的には自前でお願いしています。
ただし、モデルの方と作品コンセプトについて話し合っていく中で、
必要であれば私がプレゼントさせていただく場合もあります。
メイクについては、ご自分でお願いしたいと思っています。


ポートレートは人と人のことですので、
撮影前にはしっかり連絡とお話をさせていただきたいと思っております。

何かご不明な点ありましたら、遠慮なくご質問下さい。

↑このページのトップヘ