守って下さい ぼくを守って下さい
弱い日の思い出は
いつか必ず強くなる材料になるのだから
ほかの人を守れる強さは 今のぼくにはないけれど
心の真ん中に でっかい太陽輝かせて
みんなを笑わせていたいんだ
みんなの笑顔が連鎖する

つらい日の思い出は
いつか大笑いする時のための充電期間なのだから