NPO法人なごみの里は、4月5日、厚生労働省記者クラブにおいて、介護従事者たちが分野ごとの技能を競う全国大会「オールジャパンケアコンテスト(AJCC)」を11月に島根県で開催すると発表した。

対象は役職に就いていない介護有資格者で、認知症・食事・入浴・排泄・ターミナルケアの5分野別に優秀者を選考し、優秀者には表彰状とメダルを授与。選考方法は「筆記」「ディスカッション」「実技」で、分野ごとに3人の専門家が審査する。http://www.caremanagement.jp/modules/news/article.php?storyid=7075


非常に面白く、興味深い取り組みだと思う。
コンテストが観れる環境だったら、ぜひ観たい。

ただ、
何を持ってして、優秀な介護とするのだろうか。
認知症はほぼ高齢者で、障がい者は関係無いし、
ターミナルケアって、介護じゃなくて看護じゃないの?

確かに、優秀な介護者というのはいます。間違いなく。
どんな利用者でも、適切に気持ち良く介護してくれる人というのはいます。

しかし、そういう人がたくさん集まると、
何を基準に優秀にすればいいのか分からなくなると思うんだが。

利用者Aさんにとっては、Aさんの介護技術がいいのかもしれないし、
利用者Bさんにとっては、Bさんの介護技術がいいのかもしれないし、

高齢者だと、ちょっと違うのかもしれないけど、
あくまで利用者本位ですよね。