数年前から、あらゆる障がい者福祉関連の団体や人(支援者、当事者関係なく)のブログを読んでいる。

読んでいると、何か見えてくるものがあるかもしれない、
とんでもない新しい発見があるかもしれない。と思い、
そうしているのだが、


未だ、何も見えてこず。 せいぜい、ブログのネタになる程度。


まだ多いとも言えてないと思うので、今後も購読数をきつくならない程度に増やしていくと思います。

きちんと全部読んでいるかというとそうでもないし、

そもそも、情報発信をしている人というのは意外と少ないと思われる。
そうした人たちとは、知り合いの知り合いとか、縁で知り合うしかないんだけど。

ただ、自分の中での新発見という点においては、本の方が確率が高いです。

先日、ある人に、
「○○さんのブログを読んでいたら、コメント欄に、はるたくんの書き込みがあって驚いた。」と言われたのは、少しうれしかったです。