昨日 12日の出来事です
北隣の市にお住まいという方から 
ホームヘルプ利用についての問い合わせがありました
担当として対応したのですが
その街はサービス提供地域外だったので
内容も事情もきかず
「すみません サービス提供地域外なのです」で終わってしまった私です

全く・・・なんて対応なのか!
何のために 相談支援の研修を受けたのか・・・http://kojirou2008.at.webry.info/201006/article_9.html


この事業所は、とても評判が良く、決して非難をするための記事ではありません。
そういうことを踏まえつつ、書きます。

これを読んでいて、なんか心に刺さったというか、
僕は、支援者ではないので、どちらかというと、電話をかけた人のことを想像してしまいました。

もしかすると、電話をかけた人(推測するに、保護者)というのは、
大して切迫した状態ではないのかもしれません。
うちには、たくさん応援団がいるけど、あそこも使えるかなぁ。みたいな感じだったかもしれません。

でも、逆だったら・・・
それを思うと、不安な気がしてきました。
いろいろ動いてるけど、なかなか親身になって聞いてくれる人がいないとか。。。
どこぞの誰とも知らない人なのに。

うーん。
なんか、共感性が前より強くなっている気がするな。


というか、ここの事業所、最近新築されたので、
見学に行ってみたいのですが、特に興味のありそうな人が周りにいなく・・・。
誰かいませんかね。興味のある人。