前々から気がついていたし、知っていたことだが、

たとえば、今、健常者として普通に暮らしていたとしても、
いつか(それは明日からかもしれない)障害者、
障害を持つことになる可能性が誰にでもある。ということに、あらためて気づかされた。

それは、年を老いたことによってかもしれないし、
事故に遭ったからかもしれないし、
過度なストレスによるものかもしれないし、

先天性のものを除けば、可能性は十二分にある。

みんなが、そういう自覚を持って生きていれば、もっと福祉は良くなると
昨日会った人の話と今日機関紙を読んで思った。