「あんたは、橋の下に捨てられていて、かわいそうだったから拾ってきて育てた」

多くの人が、似たようなことを親から言われた経験があるんじゃないだろうか。

そういう僕も小学生の頃、母親から言われたことがある。
何気ない日常の中で、さらっと言うから、驚いたことがある。

でもニヤニヤしてたから、すぐに嘘と気づいたんだけど。

これは、僕だけの体験とずっと思っていたが、
どうやら違うようである。(違うということは、二十歳くらいのときから気づいていた)

しかし今思うと、この嘘には、何の意味があるのだろうか。
どうして多くの人は、こういうことを言われるのだろう。

何かのドラマや有名なお話で使われている手法なんだろうか。

たとえば、僕に子どもができたとして、そういうこと言ってみたいかどうかシミュレーションしてみると、
うーん。どうだろう。
冗談半分で言ってみたい気もするし、そうでもなかったりする。

また、僕らの世代だけのことだろうか。
今の子どもたちも言われているのだろうか。

不思議に思っていることの一つである。
何か情報あったら教えて下さい。