障害学会。http://www.jsds.org/jsds2011/jsds2011-home.html

愛知大学 車道キャンパス。住宅街にそびえ立っておりました。





エレベーターで上がって、結構こじんまりとした感じでした。

最初は休憩時間だったので、ポスター報告を一通り見ることに。
人の合間を縫って(どかして?)全部、ざざっと見る。というか読むというか。
へぇ。って感じでした。きたーーーーってのは、特に無かったな。
各所で、「あ、どうも」みたいな研究者たちのやりとりを尻目に少し寂しさを感じました。

あ、でも、ホワイトハンズ代表の坂爪さんに会いました。
障害者の性にわりと熱心だった数年前に、やりとりしたことがあります。
気づかれなくて、名刺を差し出したら、「春田さん!あなたが春田さんなんですね!」みたいな展開になりました。
僕は、どんな想像をされてたんだろう。
性とは全く関係のない、当たり障りのない地域の話を少ししました。
坂爪さんは、爽やかで背が高かったです。支援者としても聴く感じが、いい感じと思いました。
これからも地味に陰ながら見守り&応援することにします。

まだ時間があったので書籍コーナーへ。障害関係があるわ。あるわ。
ヘルパーさんに一冊ずつ取ってもらって、パラパラと。
細かい字の本が多かったです。持ってる本もありました。
で、一冊。これが読みやすそうだったので購入。
人間の条件  そんなものない (よりみちパン!セ)

で、トイレに行ったら、「トイレットペーパーでいたずらをしないで下さい」という意味不明な貼り紙。




さあ始まります。

聴いたのは、
◆山田裕一「発達障害当事者会の意義と連携―熊本県発達障害当事者会立ち上げ支援と今後の展望―」
これは、まあまあ面白かった。
身体障害者だと明確な目標、自立生活などが挙げられるけど、
発達障害者は、なかなか共通の目標が立てづらいというのが印象に残った。


◆青野美和「「剥き出し」の世界との対話―アール・ブリュットの意義をめぐって―」 
これは、ごめんなさい。さっぱりでした。
ようするに何が言いたいのか。。。当事者置き去りの学者の手遊びとしか思えなかった。
もう少し素人にも分かるように説明してほしかった。


大会シンポジウム「愛知における障害者運動―労働をめぐるとりくみと現代的意義―」
これの途中で時間が来て終了。
そんな感じかな。


おまけ


向かいの古民家。