ある程度、結果を制御できる領域を最大化する一方で、
結果に対して全く制御が及ばず、結果と原因の関係が定かではない領域を最小化することにある。
リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)