数年前に、午前中にA訪問看護の利用を受けていて、
午後に、B訪問看護リハビリステーションのリハビリを利用していたことがあったのだけれど、
数ヶ月後に請求不可のお知らせが事務所に届いた。

知ってる人は知ってるようだった。

同日に、別事業所の訪問看護リハビリステーションを利用することはできない。

あわや自腹で請求されるのかとあせったが、
連携が足りてませんでしたということで事業所同士で解決してくれた。

福祉ではそのようなことはないので、ぼく自身とても驚いた。

どうしてそういうルールがあるのかは知らない。
教えてもらっても納得できるとも思えない。

そういうことから、予定を組むときはパズルのようになる。