Twitterに登録しなくても閲覧することは可能です。
まだ始まったばかりのアカウントもあるので、
どのように運用されるのかは未知数なところもあります。


災害や緊急情報のときに活用されることが期待されます。



おおぶ文化交流の杜 allobuとしては、当初からアカウントがありましたが、
図書館単体でのアカウントができたようです。
分ける必要があるのか疑問ですが、1位キープのためにも情報発信に期待したいところです。
しかし、アカウント名が意味不明なのとサイトで発表されていないことから、本当に公式なのか半信半疑です。


以下は大府市議として、インターネットによる情報発信を積極的に行っておられる方です。
市議には、地域の情報提供の役割もあるのかなと思ったりしています。