ぽちポチhttp://blog.goo.ne.jp/potipotihp/雰囲気が悪かったので、どんなことになるやらと不安な気持ちでいっぱいだったが、代表の方も気持ちよく迎えてくれて肩の荷が下りた気がした。チャレンジドの思ってること、サポーターの思ってることを率直に話した。その中でこれからチャレンジドは、受け身の姿勢ではなく口に出してやってほしいことをサポーターに言っていこうというのは印象的だった。ただ、自分のことに関しては、吸引の問題が重くのしかかっている。以前、吸痰を教えて差し上げたといった記事を書いたが、サポーターさんから、はっきりとやっぱり出来ないと言われて、これから吸引できる人がいなかったら、どうしよう。という一抹の不安が帰宅してから覆っている。