突然ですが、自分は家に仏壇はあるけど、無宗教というか一般的な日本人並み(?)の信仰心だと思います。

それを踏まえて、

中日新聞に、たまにコラムが載る「ひろさちやの人生ほどほど論」

著者は、(宗教評論家)と書いてありますが、それ以上のことは知りません。

毎回、講話みたいなことが、誰にでも分かる平易な文章で書かれているのですが、

今回は、しびれました。



あまり詳しい内容を要約するのは面倒なので控えますが、

「ありのままの自分でいい」という言葉が、心に響きました。

これだけでは、どこかで聞いたことのある言葉で何とも思いませんが、



「暗い人は暗いままで良い、うじうじしてる人は、うじうじしたままで……それで良い」



理由は、暗い人は、暗いという事を変えなくちゃいけないと思って悩んでいる。そんなの思わなくていい。そのままでいい。ということです。

そのままでいれば、やがて自然治癒力が働くと。



何か、どんぴしゃりというか、脳天に突き刺さりました。

というのも、ここに精神的という項目で書きましたから。。。



思えば去年辺りから、恥ずかしながら、自分を変えなくてはいけない。もっと立派な人間に。と思ってきました。

前半のうちは、結構上手くいっていたと思う(具体的には分からない)のですが、次第にどうしたらいいのか分からなくなっていました。

人と比べてみたり、人に聞いてみたり……



結局、全員に好かれることなんで出来ないんですよね。

当たり前なことです。



前半は結構、上手くいっていた部分があったのだから多少、自分は変わったのかもしれません。

しばらくは、その上手くいっていた部分を大切にしつつ、ありのままでいこうと思います。



ていうか、全く何を言っているのか分かりませんよね。