私の最初のハンドルネームは、「とらきち

これは、インターネットを本格的に始めた1998年〜2005年中頃まで使用した。

つけた理由は、1998年の干支が寅年だったためである。

いろんな推測をされるが、それ以外の理由はない。



2005年〜現在は、「紗紫美

非常に変換がしにくく、迷惑をかけているかとは思う。

つけた理由は、ある懸賞で突然思いついて、ニックネーム欄にこの名前を使用。

それが当たる。

縁起が良いということで、とらきちから変更。

つけた理由は、男なのか女なのか分からない点が魅力に思ったこと。

漢字の見た目は、女の子っぽいが、

苦労して読んでみると、「さしみ」となり、頭の中で「?」となる。

そのギャップが面白い。

分かるのは自分だけかもしれんが。。。



しかし、これでいいのか日々悩んではいる。

例えば、現実世界で「さしみさん」と声で呼ばれたら、

何か違和感があるからだ。



そもそもハンドルネームは、ネット上だけでしか使わないもの。と考えていた。

つまり、ネット発で知り合った人には会わないだろうと思っていた。



でも、日福通信に入って、そういうことになった。

ネット発で知り合うようになって、会うようにもなった。



これからもそういうことがあるかもしれない。
変なハンドルネーム、凝ったハンドルネームつけてると、

現実に会ったとき、その名前で呼ばれるのが嫌なので本名にした。

2ちゃんねるの管理人、ひろゆき氏の話。

かなり同感。というか、何で今まで気がつかなかったのだろうと思う。



まだ変えようとは思ってないけど、

ちょっと気にはなっている。本名でいくと・・・・・。

「はるた」か。。。



しかし、前回のときでもそうだけど、

ハンドルネーム変更のお知らせって大変なんですよね。