福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出お役所任せじゃ、もうだめだ。障害者も、自分で稼いで社会に出よう! 宅急便の生みの親である著者が、今の福祉政策を徹底的に論破。障害者ビジネスに経営力をつけさせるべく、福祉関係者に「経営」の真髄を伝授する。



おすすめ度 ★★★★★



良書。

福祉関係者、福祉に興味ある人ならばぜひ読んでもらいたい一冊である。

そういった方には、少し耳の痛い話が随所に出てくるかもしれないが、

僕自身思い当たる所があるだけにぜひ読んでもらいたい。

重要な部分が何度も繰り返し書いてあるので、きっちり頭に入り、また読みやすい。

ただ、小倉昌男氏自身にかなりの資金力があったからこそ、このような事が出来たのだろうとは思う。