死を招く最強のドーピング剤「アンギオン」。イタリア、南フランス、キューバと謎が拡がり罠が待ち受ける。セリエA最終節の死闘の中、日本人選手冬次は果たして死の罠から生還できるのか? 『ソトコト』連載等をまとめる。


おすすめ度 ★★★☆☆

これほどまでにサッカーを主体にした小説を読んだのは初めてだった。
サッカー&小説好きなら読めるが、それ以外の人は結構つらいと思う。
それだけサッカーの描写が凄いということ。スタジアムの温度、観客の熱気がありありと伝わってくる。
おまけに日本人選手・夜羽冬次のチーム以外、選手・チーム名すべて実名で登場。
ちなみに、著者・村上氏は友人の中田英寿選手からサッカーにまつわる話を聞いて書いたらしい。