おすすめ度 ★☆☆☆☆



押し入れにしまってある本の整理中、出てきたこの本。

数年前に買って、ちゃんと読んでいなかった。

そして改めて今度は、ちゃんと読んだ。

村山由佳の処女作と言われているこの作品。

うーん。戦国の忍びの一族の書き方、戦いのシーンは、なかなかだが…

ハッピーエンドと言えども、あの終わり方はあんまりだと思う。

もう一度デジャ・ヴ (集英社文庫)行ったことはない。でも、テレビに写し出された風景は見覚えがある!その強烈なデジャ・ヴ〈既視感〉に僕は意識を失い、過去へさかのぼる。運命の人と出会うために…。ファンタジー・ロマン。