メール歴は長い方だと思う。しかし最近、気づいたことがあった。相手によって、文体を変えるということ。

今までのメール人生、ほぼ100%、相手は目上の人だった。

だから、僕のメールにおいて「ですます調」は当たり前だった。



自分が年取ってきたのか、状況が変わってきたのか、相手がほぼ100%目上ということは無くなってきた。

でも、メールでの「ですます調」が身に染み付いてしまっているので、同年代の人にも普通に「ですます調」を使っていたら指摘されたことが何回かあった。

丁寧であることはいいことだけど、そういうもんかと思った。

「ですます調」を使わない長文メールに非常に苦労している。。。



でも一番良いのは、メールよりも「実際に面と向かって話す」ということ。