まさか赤福問題をもう一度書くことになろうとは・・・。

前回はこちら。



あれで終わりだろうと思っていたけど、次から次へと出てくる流行語大賞にノミネートされそうな言葉たち。

「まき直し」

「むきもち」

「むきあん」

「A商品、B商品、C商品」



売れ残り商品を再出荷するなんて、究極のリサイクルですが、

ちとまずいんではないかと思う。



しかし、もう一度考えてみてほしい。

30年もやっていたのだ。



30年の実績である。

その間、集団食中毒事件とかは起こさなかった。

無事故な実績。



身体の弱い僕でも幼少の頃から赤福を食べ続け、何の問題もなかった。



これは、「大丈夫」ということを証明しているのではないだろうか。



やっぱり、食べたいのである。赤福。





それにしても、あの若社長、先代さんがやってきたことを押し付けられて、ちょっとかわいそ。

あと、赤福っぽいよね。顔が。