おすすめ度 ★★★☆☆



僕が言うのもなんだけど、「インストール」よりは格段にレベルが上がっていると思う。

この描かれている世界にも共感は出来る。

ただ、これが芥川賞、純文学となってくると大いに疑問だ。

純文学って、もっと読みにくいものだと思っていたけどサッサカスラスラ読める作品。

比喩とか表現も新鮮味がして好きには好きだけど、ねらって書いてるな。という感じがした。

蹴りたい背中高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく…いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、待望の文藝賞受賞第一作。第130回芥川賞受賞。