おすすめ度 ★★★★★



何となく、間宮兄弟に共感してしまった自分はとても痛い。

兄弟愛ではなく、モテない部分に……

ずっと読んでて、兄弟には知的障害があるのでは?と思ったが、

どうでもいいことなのかもしれない。

変に見える兄弟だが、誰もが共感できる部分が一つはあるように思える。不思議な小説だ。

時間は、穏やかに流れていく。

普通に幸せに趣味に没頭して、恋愛作戦ではあるが友人をお招きして……

しかし結局、兄弟に恋人が出来るわけでもなく、物語は終わっていく。

でも何かイイ小説。



間宮兄弟 (小学館文庫)
江國 香織
小学館
売り上げランキング: 182,577




もてなくとも幸福に生きる兄弟の日常の物語



女性にふられると兄はビールを飲み、弟は新幹線を見に行く。そんな間宮兄弟は人生を楽しむ術を知っている。江國香織がもてない男性の日常を描いて話題になり、森田芳光監督の映画化も大ヒットした小説の待望の文庫化。