おすすめ度 ★★☆☆☆



第15回講談社児童文学新人賞を受賞し、映画「千と千尋の神隠し」の参考作品にもなった本作。

期待が大きかったのか子どもの時に読んでいればなぁ…と思った。

名作なんだから良いんだけど、使い古されたパターンと言えばパターン。

しかしまあ、これが元祖というのだろう。

「千と千尋の神隠し」との共通点は、湯婆婆みたいな婆さんが出てくるのと、主人公が成長していくという点ぐらいだろうか。

霧のむこうのふしぎな町ファンタジー 永遠の名作!

少女の夏の楽しい冒険



心躍る夏休み。6年生のリナは、たった1人で旅に出た。

不思議な霧が晴れた後、きれいだけどどこか風変わりな町が現れた。

めちゃくちゃ通りに住んでいる、妙ちきりんな人々との交流が、みずみずしく描かれる。



『千と千尋の神隠し』に影響を与えた、ファンタジー永遠の名作!

講談社児童文学新人賞受賞
千と千尋の神隠し (通常版)