おすすめ度 ★★☆☆☆



評価を2にしたけど、いつもつける評価2とは違う何かがこの小説にはあった。

はっきり言って、つまらない。くだらない。



しかし、何か心に残る。

言い方とか表現が、悔しくも心に刻み込まれた。



不満なのは、もうちょっと水尾さんについて書いてほしかったこと。

自分のことばかりで結局、水尾さんというのがどういう人なのかよく分からなかった。



「私、部屋に余計なものが増えるのは嫌です」は笑えたけど。



馬鹿すぎて心に残る小説です。

太陽の塔 (新潮文庫)私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。解説;本上まなみ