私の独断と偏見です。

洋楽は聴く機会が極めて少ないため、上がってきません。



ライフ アルバム/いきものがかり

いきものがかりは、このアルバムを聴くまで興味ありませんでした。ちょっと聴いてみるかくらいでしたが、ヒット。「夏空グラフィティ」がいい。

このアルバムが素晴らしいので、もうネタ切れするんじゃないかな。と思っていましたが、今も活躍しているようです。

これぞ、J−POPって感じです。

正直、メンバーのビジュアルはいまいちですが。



Single Best/柴咲コウ

これも大して期待していなかったと言うか、女優・柴咲コウはおろか、アーティスト・柴咲コウも特別注目していませんでした。まあベスト盤が出たから聴いてみるか。というありがちな話で聴いてみたら、

はまりました。「Prism」「invitation」が思いがけず収穫。

これを機に、夏のライブにまで行く始末。

トークが意外に面白くて、柴咲コウって頭いいな。かわいいな。と好感度がものすごく上がりました。

All Time 柴咲コウ All Time 柴咲コウ 【1月2日まで公開】



何度も/青山テルマ

以前、青山テルマを酷評していた私でしたが、

やられました。別に彼女が作曲しているわけでもなさそうですが、これ以降の曲を聴く限り、

青山テルマは、やっぱすごいんじゃないか。と思っています。



12 Love Stories/童子-T

まさか。ですね。たまたま弟から借りて聴いたんですけど、良かったです。

良いのは、トラック1から5まで。という制限付き。

童子-Tがいいんじゃなくて、フィーチャリングしている加藤ミリヤ、BENI、青山テルマ、清水翔太、YU-Aがいい。

ラブソング好きには、自信を持っておすすめします。



Flare/島谷ひとみ

前作PRIMA ROSAが、いまいちだったので島谷ひとみももう終わったかなんて思っていましたが、レンタルしてきてもらって聴いてみると、いい。買うに値する。と思いました。

WAKE YOU UPが勇気づけられる。初夏にぴったりのアルバム。



WORKS I/小林武史

これは、唯一と言っても良い、期待して購入したCD。小林武史は、やっぱ天才ですよ。それ以外の何物でもありません。

BGMとして聴くか、寝る前に聴くと良いと思う。

映画を観たことある人もない人もどちらでも可。



【総論】

自分の期待を反してくれると、すごくいいと思うようです。

今後は、加藤ミリヤ清水翔太に注目しています。