ここでいうのは、小中学校や高校に障がいを持った人が出向いて行き、授業をすることとします。



僕は、現場を見たことないですし(学生当時、そんなものなかった)

同行はもちろん、実際にやったこともありません。



ただ昔から、主に新聞記事などから考えていたりはします。

車イス体験とかの授業が流行り出したのって(こういう表現が適切かは微妙)10年くらい前からなんじゃないかなと思います。



障がいを持たれている先輩方のブログを読んでいますと、

たまに学校に行ってきた。というような記述があったりするのですが、



今回は、その中でも興味深いブログ記事があったので紹介します。

どこの学校に行っても必ず訊かれるのですが、「障がいのない私たちをみて、どう思いますか?」と、「もし障がいが治ったら、一番したいことはなんですか?」というような類の問いかけです。福祉実践教室で一番困る質問 - いま、風の中で・・・


僕もこの著者の方の答えがベストだと思うし、まあそう思う。

けど、質疑応答って、回答側として、リアルタイムで即座に答えを導き出すのが難しいんだよね。

やったことないけど、そう思う。



私は、子どもたちに〈他者は自分とは違う存在なんだよ〉〈違っていてもいいんだよ〉〈自分とは違っているけれど、実は同じ人なんだよ〉〈異なる者を排除するのではなく、その存在を認めてあげる〉そこからあらゆる人間関係、例えば友情や恋愛が生まれてくるんだよ...ということを伝えたいのです。福祉教育支援活動をしている私の逡巡 - いま、風の中で・・・


僕は昔から思ってることなんだけど、車イス乗車体験は大して意味のないことだと思っている。

あんなの子ども目線で考えれば、語弊があるかもしれないけど、

楽しいこと、新しい乗り物に乗って何か楽しい。

そんな程度ではないだろうか。ジェットコースターとイコールとまでは言わないが、それに近い感覚だと思う。

もちろん、全員が全員そうではないと思いますが。





僕だったら、たぶん福祉とか直接には関係ない、

夢とか人生とかの話をしたらいいんじゃないだろうか。とふと思った。



年数が経って、そーいやー、昔、車イスのやつがあんなこと言ってたな。と思いだしてもらえたら、

大成功だと思う。



そういう授業だったら、僕はしたい。