奈良県下市町立中学校への入学を希望していた身体に障害を持つ谷口明花さん(12)=同町=と両親が、町教育委員会を相手に、入学を認めるよう求めた訴訟で、奈良地裁(一谷好文裁判長)は26日、同校への入学を義務付ける仮決定を出した。

決定によると、校舎には手すり付きトイレが設置されているなど、設備などに不都合はないと指摘。「中学校教育の期間はわずか3年間しかないのに、提訴してから既に3カ月近くが経過しており、緊急の必要性がある」と、同日からの女子生徒の入学を認めた。livedoor ニュース - ◎女子生徒の中学入学命じる=「障害で拒否」の町に仮決定−奈良地裁


こういうのって、運とか地域性とか担当者みたいなのが大きく関係してくるのかな。

記事を読んだ限りでは、レベルが低すぎると言ってはなんだけど、

何で訴訟にまで発展してしまったのか理解不能。