私は、障害者福祉に対して皆さんほど強い思いは無いと思う。

これ書くと怒られるかもしれないけど、



福祉世界の人たちはよく、

何が何でも、地域で暮らす。とか、

共に生きるとかいうことを口酸っぱくしておっしゃる。

それはそれで分かるんだけど、何だかなと思う。



性格によっては、一人の方がいい。という人がいるからだ。

私がそうだと言っているのではない。



こちらの勘違いかもしれないが、

たまに家族と暮らしてるとか言うと、何やってんだ的眼差しで見られることもある。

また、親の会や障害当事者の会に属していない人に対して、

奇異の目で見ている人とかもいる。

私なんかは、別に入っても入らなくてもどっちでもいいじゃんって思うけど、

入っていないと奇異な目で見られていることもある。

これは、私のことではない。



めざしたいのは、「先見福祉」http://www.nfu.ne.jp/open/summary/index.html

通信教育部っ子なので、これになります。

先の見える福祉。

福祉の世界だけに閉じこもっていないで、経済や経営、その他のいろんな世界の考え方や方法を取り入れていこうよ。という考え方です。



福祉の世界とは縁が切れないだろうけど、その世界だけにどっぷり浸かるというのは、危険だと思っています。



でも、こういうこと言うと、社会福祉学部の人に怒られそうな気がするんだよな。