ドラマ「白夜行」の深夜の再放送を録画して観ているのですが、

ぼくうみの主役の大塚ちひろさんが普通に出てて、多少驚いています。



主人公・雪穂(綾瀬はるか)の友達というか同級生と言うか、

終盤はひどいことされるのですが……。



オンエア時は、特に興味無かったんですけど、

白夜行は、重いっすね。



原作も読みました。

原作とドラマは主人公の捉え方・アプローチ方法が違うのですが。



何と言うか、東野圭吾ってすごいな。と。

僕が高校生の頃は、ぱっとしない、ごくごく普通の作家という認識だったんだけど。



ただ単に、重い話っていうだけでなくて、

主人公たちは悪いんだけど、妙に悲しいというか。

悪いけど悲しい、悲しいけど悪いということを上手く描いています。



でも、僕の結論はやっぱ悪いですよ。孔明的な悪女ですよ。



しかし、女性って小さい部分として、こういうのあるんじゃないですかね。

人が知らないところで、自分を優位に持っていくというか。



いずれにしても、綾瀬はるかと共演してる大塚ちひろは案外すごいということで。

白夜行 (集英社文庫)



白夜行 完全版 DVD-BOX