参考;NHK教育テレビ「名医にQ」



・症状

80%が、38℃以上の高熱や咳

季節性に比べると、下痢やおう吐の症状が重め



・診断キットが陰性

初期でウイルス量が少ないと陰性

周囲の状況や症状を見て判断



・バッグや服に着くか?

布や紙は、半日。 金属は4日程度

手洗いをしっかりすれば心配なし



・潜伏期間

2、3日。 症状が無ければ、うつらない。



・季節性のワクチン

新型に効果なし。

ワクチンは、発症予防よりも重症化予防。



・肺炎球菌ワクチン

65歳以上、基礎疾患 5年有効

副作用 重篤は、なし。 腫れが赤くなる。

時期は、いつでも。



・手洗い

泡を立てた石鹸、流水、約20秒、指と指の間や爪



・マスク

水をはじくマスク、サージカルマスク

ガーゼタイプは×



・うがい

洗い流すので、多少の効果はある。



・消毒〜感染者が出たら

タオルは別々、洗濯は一緒でOK

くしゃみやしぶきを拭き取る程度で良い。



1.手洗い、マスク

2.室内の換気

3.人ごみに無駄に行かない



・リスクの高い人の家族に感染者が出た場合

抗ウイルス薬の予防投与を考慮

事前に、かかりつけ医に相談





プロフェッショナル仕事の流儀、WHO医師 進藤奈邦子

手指を消毒