一人でもいいから、心から誰かを愛することができれば、人生には救いがある。

たとえ、その人と一緒になることができなくても





誰かを心から愛することができれば、それがどんなひどい相手であっても、

あっちが自分を好きになってくれなかったとしても、少なくとも人生は地獄ではない。たとえいくぶん薄暗かったとしても





小説家とは問題を解決する人間ではない。

問題を提起する人間である(チェーホフ)

1Q84 BOOK 1