(行徳哲男)

過去は変えられないし、未来を憂いても仕方ない

しかし、「今ここにある現実」なら自分の力で変えられる