私は障害者向けのデリヘル嬢
大森 みゆき
ブックマン社
2005-12



題名がリアル過ぎるので、ずっと電子書籍化を待っていて、ようやくガラパゴスストアで読めた。

これを読んでデリヘルが利用したくなるかなと思っていたが、全くの逆だった。

この著者特有なのかそうでないのか分からないが、そこまで深く考えていて体力的にもしんどいんだと思ったら、

そりゃやってられないよな。と思った。

そしてこの本を読む限り、お店・お客側も含めて、登場人物全員どこかしら病んでいるような気もした。

そして、介護・医療業界!

男性利用者のちんカスはきちんと洗い落とそう!