金曜日の夜から痰が多くて、そういうときもあるので、肺の奥の方の怪しさはあったけど、土曜日の午前中も怪しいなと思っていました。

痰は多く、くすぶっている印象でした。

夜に38.3の発熱があり、簡易検査をしてもらいました。結果は、陰性でした。

翌日曜日の昼に、39.5が出てしまい、脈も140くらい出てしんどくなり、かなり動揺してしまいました。

あまり熱が出る方ではないので、人生初です。

 

解熱薬カロナールを飲んだら、37.3まで下がりました。

今は、抗生剤レボフロキサシンというのを飲んでいます。

本日月曜日は、微熱でした。

 

それで今日知ったのですが、木曜日に訪問した看護師が土曜日にインフルエンザ陽性と聞きました。

同じパターンでこれまた動揺しました。

インフルエンザ薬はもう意味がないそうなので時すでに遅しですが…。

体の弱い人って、インフルエンザ薬飲まなくても治るのかという疑問はあります。

 

水分補給出来てれば特にすることはないそうです。

あと、日本人はインフルエンザにビビり過ぎと言ってる人もいるようです。

僕みたいな体の弱い人がビビるのはいいと思いますけど、一般人がむやみやたらと病院に行くから感染が広がるとか。

 

インフル「処方しないのは医の倫理反する」「大半は不要」|医療維新 - m3.comの医療コラム