ちょっとしたときに読めるミステリー短編集。
赤川次郎は毒にも薬にもならないのがいいのかもしれない。