棋士本人が出ているところもあり、それは本人役(久保利明)だったり、
実際は本人ではなかったり(屋敷伸之)よく分からないところもあった。
作品としてはよくまとめられていると思う。