タイムリープ物の作品は数あれど、そういう解釈で来ますか。といったところ。
ロマンスを挟みつつ、だらだらときて結論だけ読めればいいかなという作品だった。