将棋の専門雑誌とは違って、人間模様にスポットが当てられており、
棋譜がどうとかいうのがほとんどなくて逆に良かった。
羽生七冠が誕生したときの話もあり、楽しく読めた。