春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

カテゴリ: 社会と時事

プレミアムな勉強会に参加してきました。プレミアムなので詳細はあまり書けません。
自分のことをしっかり話すようにということで、どんな感じの勉強会か分からなかったので、少し緊張していましたが、割と話すことができました。
ただ、若干、僕は異質なので、みなさんの邪魔をしていなかったか心配ではありました。
初参加で、これまでの流れを遮断してしまったかな。と。

でも、個人的には、とても有益な意見や情報を頂くことができました。
交流や遊び目的とかだと、飲み会や合コンとかでもそうだと思うんだけど、よほどのことがない限り、その場で終わり、そのときさえ楽しければいいということで終わってしまうことが多いと思うんだけど、
勉強系は、その後に生かすことができるので、楽しいです。

まぁ、交流系もそれはそれでたまにはいいんですが。
なので、これから、
2011/04/24 23:50:09
勉強会、学習会、講演会、シンポジウム、座談会、交流会など、そういう情報があったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

で、主目的は以上なんですが、近くに縁結びの神社があるので帰りに予定していました。
予報は雨だったので行けないかなと思っていたのですが、なななんと、雨あがる。
これは行けということですね。ということで行ったんですけど、、、、、、、
見に行ってもらったら、坂が急ということで、ヘルパーさんから自信がない。雨で路面が濡れてるし・・・と言われました。
で、止めました・・・・。今思えば、行けるところまで行くか、代理で何かしてもらえば良かったかなと若干の後悔。

僕の縁結びは、どうなるんすか。
この心の傷はいつになったら完全に癒されるんですか。
出会いさえ許されてないんすか。

周りからは、まだその時期じゃないって神様から言われてるんだよとか、
はるたくんが、そんな神頼みするなんて意外とか言われてます。。。

というか、はるたくんは、いつもたいていどんなことでも、「まぁいいや」とか「別に」とか言うのに、
この件に関して、一言もそういうこと言わないから、素敵とか笑えるとかいじられる始末。

うるしゃい(泣)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

失恋は、物事が手につかなくなったり、食欲がなくなったり、精神的なダメージが大きいもの。世の男性は、どうやって失恋の痛手から立ち直っているのでしょうか?http://news.ameba.jp/20110417-34/


ようやく、ボチボチ心の復興しつつあります。まだ完全には程遠いですけど。。。
たぶん、この記事は付き合ってた上での失恋だと思いますけど、まぁ、適用できそうなので書いときます。


【1】とりあえず徹底的に落ち込む。

→徹底的に落ち込みました。でも、まだたまに急にふいに落ち込むときがあります。


【2】メールやプレゼントなど、彼女との思い出を徹底的に破棄する。

→メールは多すぎて消すのが面倒なので、放置です。読み返したりは恐ろしくてできません。この間、操作を間違えて少し読んでしまいましたが。。。orz
パソコン、iPod内のもらった音楽データは思い出すので、とりあえず削除しました。
プレゼントは、すぐに目につかない部屋の片隅に置いてあります。


【3】自転車で爆走するなど、徹底的に体を動かす。

→身体障がいがあると、これができないのがつらいですよね。。。


【4】失恋ソングを聞いたり、歌ったりして泣きまくる。

→Mr.ChildrenのOverが一番はまって、泣きましたよ。毎晩。
今は飽きてきたので、終息しつつあります。でもたぶん、またいつか聴くでしょう。
Mr.Children 1992-1995


【5】新しい彼女を作るため、徹底的に合コンに参加する。

→失恋から一番早く立ち直る方法は、新しい恋をするだそうです。
女性とのコミュニケーションは割と好きな方なので、これからも積極的にしていくでしょうが、
正直、恋とかもうやだな。って思ってる自分はいます。
でも忘れるために、恋愛とか関係なく、いろんな行動をしてたりはします。
とにかく行動してないと落ち込むというか。


【6】帰宅後、ヘトヘトですぐ寝てしまうぐらい仕事や勉強に没頭する。

→5番と同じですが、とにかく行動です。
創作童話、書きました。
女友達を未婚男性に紹介する。という心の広い行動してたりもします。


【7】親友に電話して、話を徹底的に聞いてもらう。

→人には徹底的に聞いてもらいました。聞いてくれる人がいるってことは、ありがたいことだと思います。
この作業もそろそろ終了かなと思います。


【8】友だちを集めて、ひたすら楽しく遊び続ける。

→もともと遊び慣れてないから、遊びはしてないかも。


【9】電車で一人旅をするなど、徹底的に自分と向きあう時間を作る。

→これもあんまりやってない。


最近は、これからも友達としてコミュニケーションとっていきたいなぁ。と思い始めてたりもします。
恋愛感情を取り除いても好きっていうか、僕にとって必要かな。って思います。そう書くと、未練とか略奪とか思うかもしれないけど、そうではなくて。
実際に行動を移す時期かっていうと、まだかなぁって思いますが。

でも、それを受け入れてくれるか心配・不安っていうのはあります。
双方を知る人からは、はるたくんがそういう関係を築きたいと思うのならできるよ。と言ってくれてはいますが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「あんたは、橋の下に捨てられていて、かわいそうだったから拾ってきて育てた」

多くの人が、似たようなことを親から言われた経験があるんじゃないだろうか。

そういう僕も小学生の頃、母親から言われたことがある。
何気ない日常の中で、さらっと言うから、驚いたことがある。

でもニヤニヤしてたから、すぐに嘘と気づいたんだけど。

これは、僕だけの体験とずっと思っていたが、
どうやら違うようである。(違うということは、二十歳くらいのときから気づいていた)

しかし今思うと、この嘘には、何の意味があるのだろうか。
どうして多くの人は、こういうことを言われるのだろう。

何かのドラマや有名なお話で使われている手法なんだろうか。

たとえば、僕に子どもができたとして、そういうこと言ってみたいかどうかシミュレーションしてみると、
うーん。どうだろう。
冗談半分で言ってみたい気もするし、そうでもなかったりする。

また、僕らの世代だけのことだろうか。
今の子どもたちも言われているのだろうか。

不思議に思っていることの一つである。
何か情報あったら教えて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここ数年、エイプリルフールには、1、2週間くらい前からネタをぼんやり考えて、
実行に移すのですが。

今年は、快進撃過ぎて・・・。

大体いつも、はるたさんのは、きつすぎます。と言われます。
すみません。
詐欺師とかの才能ないですよ。
日常的に嘘とかついたりしないですよ。

これにより、僕の信用度が落ちないことを祈りたいですが、
表面上は好評です。

<リアル>
Aさん・・・「今度、引っ越すんですよ。だから、Aさん、皆さんともさようならです」
気の毒になるくらい驚いていました。
しかも普通の日常会話みたいに言ったので、あとから、なんでこんなシチュエーションで重大なことを言うんだろうと思いました。とのことでした。

Bさん・・・同じ引越しネタで攻略。この間から重大話が多かったし、一人暮らしがどうとか話してたので、本当だと思ったとか。

Cさん・・・引越しネタは飽きてきたし、Cさんからは去年にも僕がエイプリルフールを意識していることは目撃されてるので警戒してるなと思いました。
止めようかなと思っていたのですが、Cさんはいつも天気の話をすることに着目!
この日も天気の話をしてきたので、「そう言えば、雪が降るみたいです」と言ったら、「ええええええ」と驚かれました。
そして、「警戒していたのに!!!天気でくるとは!!!」と言われました。
ふふふ。

なんかみんなよく引っかかるので、基本的に僕は信用されてる人間なのかもしれません。
まぁ、自分でも信用を裏切るような行動はしないように日ごろから心がけてはいます。
自分の知らないところで傷つけてる可能性は無きにしも非ずかもしれませんが。

で、基本、嘘というのは、

・ターゲットが興味のあることを絡める
・すべてが嘘ではなく、少しは本当のことも入れる

以上の条件を満たすと、成功率は上がります。

<ネット>
ツイッターでも遊ばせてもらいました。

2011/04/01 10:24:13
【ニュース】ソニーが、アップルを買収へ、金額は、1兆円超えか

2011/04/01 10:27:25
Flashサイトも読めるスクリーンリーダー、今日発売

2011/04/01 10:35:32
【ニュース】政府は、今後の地震予知の正確さをきすために、ナマズ1000匹を調達すると閣議決定

2011/04/01 12:31:15
そろそろ、ネット止めようかな。

2011/04/01 14:11:37
ネットもブログもmixiもスカイプもメールも卒業します。皆さん、ありがとうございました。これからの連絡手段は、伝書鳩の時代です。

2011/04/01 14:53:01
この度、大府市を離れて、父親の故郷である九州に引っ越すことになりました。今までお世話になった方、ありがとうございました。近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

てことで、今年のエイプリルフールは楽しかったなぁ。
もともと、お話作るのとか妄想するのが好きだからっていうのもあるかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今までずっと意識してこなかったんだけど、
最近、似たような話題、データが蓄積されはじめて気づいたことなんだけど、

老若男女問わず、

「はるたさん、面白い!」と言われてるときが一番幸福、一番自分が乗っているときのような気がする。

自分が言ったことに対して、誰かが笑ってるというのも同じ。

いつも笑わせるつもりで言ったことではなかったりするので、
意図的にそういう空気を作り出すことができないのが、とても残念。

また、Aさんにはウケた言葉が、Bさんには全くウケないということもある。

思えば、小中学生のときも、周りの同級生が笑ってくれてるのが、とてもうれしかったように思う。
※バカにした笑いではないですよ。

それが、中学の終わり頃から高校、大学で、
大人、親世代の人たちとばかり付き合うことになって、
全く笑いを生み出せなくなっていた。
さすがに、先生と呼ばれる人や親世代の人となると、冗談も自粛するし、
何となく、まじめな話にばかり向いていってしまう。

こんなんじゃないのにな。というのは、ずっと思っていた。

でも最近、付き合う人の平均年齢が下がってきた、自分の年齢に近くなってきたためか、
なんとなくではあるが、かつての自分を取り戻しつつあるように思う。

だんだん、小中学生のときみたいに楽しくコミュニケーションがとれるようになってきた。
(あぁ、親世代の人たちとは前と同じくでしょうが。)

それで年に数回レベルなんですが、「はるたさん、おもしろい」とか言われるようになって、そう言われると、
尻尾を振って喜んでる自分がいることに気がついた。

去年、好きな人に言われたときもめちゃくちゃうれしかったし、
男性から言われてもうれしかったし、
笑いにうるさい大阪人から言われたのもうれしかったし、
美人さんから言われたのは、たまらなくうれしかった。

でも、笑わせようと意図を持って言ったことではなかったりするので、なかなか再現ができないのが悔しい。

なので、
注意点として、
これで、はるたは面白いというラベルをつけるのは止めてください。

基本、人見知りで真面目なので、この人は冗談が通じるか、僕の言うことが分かってくれるかどうか、ちょっとずつ見極めてたりするので。

また、笑いのツボは人それぞれ違いますしね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

放射能だか放射線だか、実際、全くよく分かってないんだけど、

病気がちな人、身体が弱い人っていうのは、普通の人より多くレントゲンとかCTとか撮ってると思う。

で、その分、被ばくしてるわけですが。

原発関連のニュースを見ていて、CTが結構、被ばくするということを知って驚いた。
今さらだけど。

僕は、ひどいとき(中学時代)なんか、週1ペースでレントゲンと撮ってたし、
CTも年に2、3回とか撮ってた時期あったんじゃないでしょうか・・・。

いいのか。それ、いいのか!?

てか、
あるとき、
肺が悪かったので、いつものように胸部CTだと思って、CT室に入ったら、
頭部のCTを撮られたことあるんですけど。

あとで先生に、頭でしたけど。みたいなこと言ったら、

「うん、ちょっとねww」みたいな対応されたことあるんですけど、
これって、興味本位ってことですよね。

大変な時期だったから、自分としては、ふーんって感じで、どうでもよかったんだけど、
いまさら考えてみたら、あれってやばくね!?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パニック時は、いい加減な情報が出回るので、むやみに情報拡散しないようにしているのですが、
節電は本当みたいです。
だからと言って、自分は、どう節電すればいいのか悩むところです。
人工呼吸器を止めるわけにはいかないし、たんの吸引も減らせないし、加湿器は痰詰まり防止のために必要だし・・・。

まぁ無駄にテレビなど観ず、(いつもそんなに観ないけど)いつもより早く寝ることにします。

経産相が節電呼びかけ、計画停電の可能性言及
大規模停電回避のため、需要抑制に頼るしかない。予見性のある形で地域ごとの計画停電を行う可能性がある」と述べた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000392-yom-bus_all


追記
知人から回ってきたメールを転載していましたが、
複数の情報を確認した結果、デマ情報という結論に達しました。

節電は悪いことではありませんが、デマには惑わされないようにしたいところです。

これからは、「公式」の情報を確認するように心がけたいと思います。
皆様もお気をつけ下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

政党名「ハッピー党」

キャッチフレーズ「あなたがハッピー、みんなハッピー」

イメージカラー「明るい黄色」

あなたが笑えば、みんなハッピー。
みんなで笑えば、世界がハッピー。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今のところ、Facebookよりmixiかな。というのが僕の本音です。
だって、日本人利用者がmixiの方が多いからね。
そういった意味では、Facebookは日本では流行らないだろうなというのが、僕の予想です。
セカンドライフのように。

ところで今日、友人(マイミクでもある)と久しぶりに会ってお話していたのですが、
「マイミクから「はるた」って誰?」とよく聞かれると。

聞いてみれば、よく足あとがつくと。

僕は、マイミクさんの日記を読んでいて、コメントしてる人をほとんど無意識にクリックして、
ぼーっと見たりすることがあります。

コンマ何秒かで別のページに移動することもあります。

なので、ストーカーでもなく、かといって暇人でもないと思うし、
足あとについては、全く気にしていなかったのですが、
気にする人が多いのかなぁと思いました。

足あと消せることもできますが、何もやましいことはしていないので、
足あと削除機能を使ったことはありません。

てか、ツイッターのリムーブとかでもそうだけど、
そういうの、いちいち気にしてたらやってられないと思いますよ。


一応、プロフィールに一文、追加しときましたが・・・。

【足あとについて】
足あとは、マイミクさんの日記のコメントを読んでクリックしてたりするので、たくさんついてる場合もあるかと思います。
決して、ストーカー行為などではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

閣下の徒然日記:逃がした魚は、大きい!?

この記事を読んで、そう言えば数年前、病院のロビーで待っているとき、
酸素チューブがボンベから外れて、シューーーーという音が出て、
まっ、いっかみたいなことを思っていたら、私服の見知らぬ若い女性(結構、美人)から、
大丈夫ですか?どうかされましたか?と声をかけられたのを思い出した。
いや、チューブが外れて。と言ったら、つけてくれた。

こういうのに気がつくというのは、看護師とか医療職の人なのかもしれない。

しかしまあ、美人から声をかけられる、助けられるというのは、
とてもうれしい。
この上ない喜びである。

連絡先を聞こうとかお茶しよう、お礼しようとかは、特に思いつかなかったけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008 iPhone
c2def1ca

2010 iPad
19a6f38b

2012 iBoard
05258f5e

2014 iMat
8d7aab31
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まあ備忘録や参考程度に。

余暇として、点字を打つことに挑戦してみました。

道具を持っていないので、借りるところから始めないといけません。
買うじゃなくて、借りる。 すみません。

知人が、視覚障害の方もいるボランティアをやっていると聞いていたので、道具を持っていないか聞いてみました。

簡易的なものならあるとのこと。

これで解決かと思いきや、
とてもコンパクトで、おもちゃみたいなものでした。
物自体はいいと思うのですが、僕の手や力では小さすぎて押しにくかったです。

やっぱ、無理かな。と思い始めていたのですが、
こういうときは、社協に聞いてみようと思いつきました。

駄目もとで、大府市社会福祉協議会に事情を書いてメール。

そしたら、点訳グループの代表の方に連絡して下さり、道具を工夫して作ってくれたとのこと。
しかも、社協の人と代表の方が訪問して下さることに!

日常的に打つわけでもないのに、なんか、すみません。という感じでしたが、いいよ〜とのこと。

点字歴40年のすごい人と、社協の人に会って、
いろいろ試してみました。

点ぴつ?のグリップを大きくしてもらったのを使ったら、
ざくっ、ざくっと普通の便せんに打てました。

ちゃんと浮き出てるか心配だったけど、一通り打って引っくり返してみたら、
しっかり出てました。

点字の手紙というのは、一文字、一文字しっかり打たないといけないので、
疲れるし、だらだらとは書けません。
メッセージのような、ちょうどツイッターで投稿するような文章作成でした。

こんなのを触るだけで読めるのかなぁ。って、半信半疑でしたが、
手紙を送ってみたら、読めるとのことでした。


ちなみに、ハガキは堅すぎて断念しました。
印をつけて、誰か別の人に打ってもらおうかとも思いましたが、
印も上手くつかなかったので止めました。

まぁ、ここまでやれば上出来でしょう。
いい経験ができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://www.hardoff.co.jp/info_db.php?num=230015&cdpref=23&keyword=&gyotai01=on&gyotai02=on&gyotai03=on&gyotai04=on&gyotai05=on&gyotai06=on&gyotai07=on&gyotai08=on

ハードオフに行ってきた。
割と好きなお店。
大手家電量販店もまあ好きだけど、そういう新品テカテカさとは違って、
雑多な何でもある的なお宝探し的なところが好き。

客もまばら、客層や店員も若干、負のオーラに包まれたような人が多めなんですけどね。。

iPadがもう売っていたのには吹いた。
32GBのWi-Fiモデル未開封が、49800円だった。

で、押入れにしまってあるgigabeat G5を処分。
500円なり。
そう考えれば、EIZOのディスプレイも持っていけば良かったな。。。リサイクル費用かかったので。

島谷ひとみのアルバムやDVDもあったけど、スルー。
最近、島谷ひとみに関しては、割とスルーしてます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
今年一年を締めくくるブログを! に参加中!
うーん。2010年・・・。
悪い年ではなかった。これはもう間違いなく、いい年である。
悪い年とか言ったら、罰が当たる。

何よりも就職できたことが、驚きである。いずれできると思っていたけど、(自信過剰ですみません)
3年後とか5年後とかそういう感じで捉えていたので。

刈谷のハローワークの人も、うちの管轄で在宅勤務の手続きをしたのは貴方が初めてと言われたし。

仕事を始め、出会いも多くあり、初めて経験することも多くあり、
結構、まとまりがない一年だったというか、

こういう一年は、自分の今までの人生の中で、あまり前例がなかった。

なので、戸惑いもある。

しかし、いろんなことがあった中で、まだキャパがあるというか、
もうちょいいけるかな。という感じなのである。
元気な証拠ということなんだろうか。

それにより、先日書いたような欲求不満も生まれてきているように思う。

そういうことを言っていると、ガクッとなることが多いので気をつけなければいけませんが。

さすがに、秋に母親が入院したときは大変だったけど……。


とにもかくにも泣いても笑っても2010年は終わりということで、
なんか気の利いたこと言えんなと思いつつ、

今年、はるたとお相手して下さった方々、ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕は、たまにブログなどで、凹んだこと・爆発したことを書いたりすると思います。

定期的に読んでいる読者の方の中には、

どうしてこんなことで怒るんだろう?
なんでこんなちっぽけなことで悲しむんだろう?など思われる方もおられると思います。

また、一部では、はるたさんは経験値が浅いから、社会にあまり出ていないから、ぬくぬくとした環境で育っているから、ちょっとしたことで傷ついたり悲しむ。

そういう見方をする方もおられます。

ある意味で、それは正解だと思います。自分でも半分は、まあそう思います。

自分の中でこの話は、それで完結、終了させていましたが、
最近、別の見方に気がつきました。


それは、もともとのベースとして「欲求不満」があるのではないかと。
心の底の川に、小川程度ですが、欲求不満の川が常に流れている。
ちろちろと。

それは小川なので、今まで気がつきませんでした。

でも、ちょっとした些細な自分にとって悪いことが、とんとんとんと積み重なると、
一気に川があふれて、表面化してくる。

川の水が溢れるわけです。

そして、うわぁ。ってなっちゃう。

その「欲求不満の川」というのは何かと言うと、


案外、皆さんが毎日普通にしておられることだと思います。

なぜか分からないけど、ここ1、2年で、
外出したい欲求が急激に高まっています。

だから今の僕の状態は、サポートとお誘いがあれば、たいていどこへでも行くと思います。(悪質な宗教勧誘とかは勘弁ですけど)
外出回数的には、ここ10年で大して変化はないと思いますが、
なぜか欲求が高まっています。

人とお話したい欲求も高まっています。だからと言って、誰でもいいというわけではないのですが。
思えば今年は、非常に新しい人の出会いが多い年でもありました。
相当、初めての人に会ったと思います。
それなのに、まだ疲れてないというか、まだ余裕あるよ状態です。
いや、誰でもいいというわけではありません。
僕でも、どこもかしこも合わないなぁと思う人はいるので、
そういう人はしんどいですけど。

そういう欲求の需要に対して、供給が追いついていないと思うんです。

供給というのは何かと言うと、
やっぱり、「サポート」ということになります。
手助けなしには、外出できませんので。

それでいろいろと爆発してしまう。そういう面もあると思います。

このブログを定期的に読んでる方は、毎回ではなくてもいいですが、
読み逃げではなく、一言でもコメントやメールくれるとうれしく思います。

今回、自分のことを書いてみようと思ったのは、以下のブログの影響が強いです。
東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
http://higashida999.blog77.fc2.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ